FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge.

2006 - 2022 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 2017 Fastest EV Motorcycle in Colorado Mile Race.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'93y FXRP リアエンドの作業。

今日もFXRPの作業です。
どうやら胃腸風邪のようで激しい腹痛だったりしています・・・・。

R0017507.jpg


これまで作業依頼を受けながら時間的に余裕がなかったり、同じパートの作業時に同時に行ったほうが工賃的に安上がりな事から先送りにしていた作業をここで一気に行います。
一週間の半分以上を天候に関係なく単車に乗るヘビーライドなオーナーさんなので、こうして時間を頂けた時でないとまとまった作業は行えません。笑

前後のタイヤ交換+インナープライマリーのベルト干渉加工序でにファイナルをハイスピード・プーリーに交換します。
今までは'93y FXRストックの136Tベルト+70Tリアプーリーという組み合わせでしたが、これを128Tベルト+61Tリアプーリーという組み合わせに変更。同じ速度でも低い回転数で走れるのでエンジンへの負荷が少なくなり長距離の高速走行では疲労が軽減されますし、最高速域では有利になります。
勿論街中でのストップアンドゴーでは若干不利といえば不利ですが、これと全く同じ仕様のFXRのお客さんがおり、当方も乗ってみた事がありますがトルクの太いハーレーでは全く問題無いレベルです。

R0017508.jpg

R0017509.jpg

R0017510.jpg

リアベルトを外すには本来スイングアームを取り外すべきなのですが、FXRやFLHの場合は左側のピポット部分だけを外し、ピポットシャフトをズラしておいてフレームとスイングアームの隙間から抜き取ります。作業時間も短く済むので結果的には安上がり。

R0017512.jpg

61Tのハイスピードプーリー。このパーツ自体なかなか見つかりませんがこちらはオーナーさんの持ち込み中古品。タイヤはメッツラーのレーザーテックです。

R0017513.jpg

この車両は知ってのとおりTC88をコンバートしています。エボとツインカムではエンジン単体での重量が15Kg~20Kg異なるうえ、エンジンをマウントプレートで無理矢理エボのミッションに組み合わせています。よって応力の掛かり方、特に1次ドライブ側への負荷が走行距離を重ねるとどうなるのか、全くデータがありません。そこでなるべく定期的に入庫して頂き、各部をチェックしています。

今回セルモーターのトラブルで入庫した訳ですが、1次ベルトドライブのエッジが軽く何処かに干渉しており綿埃のようなケブラーカスがインナーに残っていたのでエンジンが左右方向に振っているのかと心配しましたが(エンジンマウントプレートは位置合わせ用に長穴となっている為取り付けボルトが緩めば振ってくる可能性は無いとは言い切れません。)そういったトラブルはありませんでした。

しかしベルトは暖まればどうしても伸びる為、ベルトが踊ってインナープライマリーに干渉していたようで、原因箇所が特定できたので逃げ加工を施しました。なかなか一筋縄ではいきませんが、ひとつづつ潰していくしか方法はありません。

まだまだ続きます。
関連記事

| FXR on T/C | 17:24 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT