FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

2006 - 2018 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'07y FXD サンダーマックスの取付。

'07y FXDが完成しました。

R0016838.jpg


今日中にダイナを仕上げるべく、朝7時から作業開始。
まずは前後タイヤをセットする前にスイングアームやフェンダー裏側を洗浄。ブレーキダストがこびり付いたホイールも出来る限り綺麗にします。

R0016824.jpg

で、タイヤやマフラーを取り付ける前の方が作業し易いのでまずはサンダーマックスの取付から。
純正のO2センサーを取り外しサンダーマックス用のワイドバンドO2センサーに交換する訳ですが、この車両の場合はフロントパイプを外さず前後共に簡単に外れました。
フロント、リア共に補記類が無いので22mmのコンビネーションレンチが入ります。O2センサー専用ボックスレンチもありますが、コンビの方が作業が楽です。

R0016825.jpg

なおフロント側のセンサーコネクターは'06yモデル同様レギュレター下の配電カバー内部にあります。見えにくい場所なのでレギュを外してしまった方が作業は速いかと思います。

R0016830.jpg

で続いてシート下の配電ボックスの分解。Harley全モデル中サンダーマックス取り付けが最も面倒なのがダイナモデルでして、このケースの分解と加工は少し手間が掛かります。
メインハーネスの留め具や各ヒューズボックスを抜き取り(これがまた固くて苦労します)ケース単体にします。下記は配電ボックスから外したしたECMやウインカーモジュール、セキュリティーユニットなどなど。

R0016829.jpg

配電ボックスを取り除くとお馴染みのこんな感じ。組み立ては訳ありませんがハーネスをケースとフレームの間に挟み込まないよう注意が必要です。

R0016828.jpg

配電ボックスはサンダーマックスに合わせて加工します。ここは何度も何度も行っているので相当に慣れました。笑。

R0016831.jpg

この車両の場合はセキュリティーモジュールをセットして、、

R0016832.jpg

ゴソゴソとイロイロ取り付けて元通り。

R0016833.jpg

フロント側O2センサーのケーブルを這わせるのはいつもアタマを悩ませますが、今回はこんな感じで。梨地エンジンなのでハーネスが目立ってしまいますがそこは致し方無し。

R0016834.jpg

エアクリーナーも交換。まずはIACポートをクリーニングし、バックプレートのブラケットを取り付けヘッドブリザーを取り付け完了。これは'08yモデル対応のS&Sティアドロップエアクリーナーで、バックプレートがEキャブと共通になった最近のものです。

R0016835.jpg

ここまで来たら後は足回りとマフラーのみ。全てにロックタイトを塗付して規定トルクで締め付け。リアのブレーキパッド交換。序でに11.5"のプログレッシヴサスにも交換。
ダイナの場合リアショック・ロア取り付けボスとアクスルシャフトまでの距離が長い為バネレートとプリロードは高めです。そうしないとローダウン車両の場合突き上げ時に最悪ベルトガードにリアフェンダーが干渉します。※写真を撮っている余裕が無かったのでここらの画像はありません。

で、ジャッキから車両を下ろし、サンダーマックスの初期設定をしてエンジン始動。
問題なく動作しているので近所を少し試乗。

サンダーマックスの恩恵で60km/hを超えれば6速に入れられますし、ノーマル時に比べると1速高いギアで走れてしまうのでビックツインらしい鼓動感が味わえます。
スクリーミンのスリップオンも五月蠅過ぎず、静か過ぎず絶妙な音量(アイドルは768prm設定)。

これならオーナーさんにも必ずや満足して頂けるかと思います。

R0016837.jpg

明日最後のチェックを行い、洗車をしたら日曜の納車を待つばかり。
さてさて、今から倉庫に転がった工具を片付けます・・・。
関連記事

| ECM | 18:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT