MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'06y FLHR リアブレーキユニットのトラブルシュートその②。

ロードキングの代換えマスターが届いた為、早速作業に取り掛かりました。

R0016680.jpg


オーナーさんから届いたリアマスターASSYは以前この車両で使用していたという純正ストックのブラック・マスターカップのものです。

マスターが全て組まれた状態でのフィールの違いは分かり難いのですが、マスターのみにして比べるとその違いは歴然。クロームのものに装着されていたものはピストンを押してもスムースに入っていくだけですが、ブラックから外したものは一度"コクッ"と引っかかりというかマスターカップのゴムが効いている感じがして、まるでゴムボールを踏んづけているような感覚でしっかりと戻ってきます。

R0016681.jpg

マスター本体の問題か、カップリングの問題か、それとも双方の問題なのか目視では分かりませんが、今回のトラブルはH-D純正のマスター・リビルトキットで対応できた修理だったと思います。

早速カップのみをクロームに差し替えます。
その際マスターのブレーキホース取付口は直接バンジョーに接する部分ですので傷は御法度。マスター取付ボルトを利用して下記画像の容量で押し入れます。問題無ければ簡単に手で入れることが出来ます。

ダストブーツカバーから水が入らないようにタイラップを追加してマスターASSYは完成です。

R0016682.jpg

R0016683.jpg

車体にセットしてフルードを入れます。
踏みシロは若干深いもののペダルの戻りは良く、フルードの濁りも発生しないのでマスター内部での逆流もおきていないようです。後は試乗と、最終的にオーナーさんの感覚で判断して頂きます。

R0016684.jpg

R0016685.jpg
関連記事

| Big Twin | 15:31 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT