FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

2006 - 2018 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'01y FLHTCU ボアアップ・カム・ヘッド交換作業その③。

今日はトップエンドの組み立てです。

R0016564.jpg


まずはハイステンシル・シリンダースタッドをケースに取り付け、その後はひたすら計測。シリンダーとピストンのクリアランス再チェックに始まり、リングのエンドギャップやサイドクリアランス、加えてリングはバリをとってエッジを処理しておきます。地味な作業ですがとても重要です。
なお当店で作業させて頂いた車両の計測データは全て作業ノートに書き留めてあります。

R0016565.jpg

R0016566.jpg

R0016567.jpg

R0016568.jpg

それを終えたらリングをピストンにセットして、コンロッドに取り付け。ウルトラスリックを塗付したリングは各リングのエンドギャップ位置を調整した後、ピストンリング・コンプレッサーを使ってシリンダーをケースにセットします。

R0016569.jpg

R0016570.jpg

クランクを回して問題無ければお次はヘッドを搭載。ヘッドガスケットはデルクロン付属の多層メタルですが、油分を付けないよう十二分に脱脂してからセットします。真っ赤なシリンダーに黒のハイライト加工されたヘッドがなかなかイヤラシイ感じ。笑

R0016572.jpg

このヘッドはバルブ・クリアランスが.060と大きく、アッパーシートも大きい為ロッカーベースは逃げ加工が必要です。ここはオーナーさん自宅持ち帰りで加工して頂いております。工賃節減です。

R0016573.jpg

という事で最後にアジャスタブル・プッシュロッドを仮付けして調整中。

R0016575.jpg

R0016577.jpg
関連記事

| Engine Maintenance | 20:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT