FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

2006 - 2018 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'00y XLH1200S ロッカーの組立。

今日の三重も厳しい暑さです・・・。
大汗かいてエアコンの効いた店内に1200Sを引っ張り込みました。

R0016221.jpg


前後の足回りをチューニングに出している合間にロッカーボックスのパウダーコートの依頼を受けていました。
今回ヘッドは外さないので車体に載せたままヘッド・トップをホーニング。細かく砕いたホーニング・ストーンで撫でるようにタッチアップ。この年式のSportではロッカーベースG/Kはメタルですので念入りに面を出しておき、オイルは勿論のこと皮脂油も御法度ですのでクリーナーで脱脂後は素手で面に触らないようにする事が大事です。

R0016222.jpg

フロントバンク・センター側にスクラッチを発見。こういった傷は面を出しても完全に消えない為このような車両にはメタルG/Kにも使える液体ガスケットを併用します。
またエンジンを回して乗るオーナーさんの車両には通常どおりG/Kを組むだけでは振動や熱でどうしてもオイルリークし易くなります。その対策としても同じく液体ガスケットを併用します。4輪レース業界で使用されている信頼性の高いものを使っています。

R0016224.jpg

続いてロッカーですが以前記載したようにロッカーベースとロッカーアームのクリアランスを調整してスムースに動くようにします。ロッカーシャフトはどれもきつかったのでペーパーを軽く当て、ブッシングとの当たり段差も均しました。次回O/H時にはロッカーアームシャフトは要交換だと思います。因みに当店の車両では信頼性が高く高精度なJIMS製を使用しています。

R0016225.jpg

ロッカーアーム・シャフトには回り止めの"切りかき"がありますが、きっちりセンターが出ていないとロッカーサポートボルトに傷が付きます。左側から2本目なんかが酷いです。

R0016229.jpg

そんなこんなで下準備を終えたら後は組み立てです。
規定トルクと締め付け順を守り、当方の場合、5.0Nm毎に時間を置きG/Kをじわりじわりと締め付けていきます。タペットの油圧が抜けて指でプッシュロッドが回ることを確認する為と、まずは人力でゆっくりクランクを回して問題がないか確認する為、一晩置いてからロッカーカバーを取り付けるのがマルマス流です。

R0016230.jpg

R0016231.jpg

明日は'03y FXDLにブレンボ・キャリパー取り付け、また'07y XLH883Rにサンダーマックスの装着も予定。

今週末も激しい作業予約で満員御礼なのですが、週明けには少し落ち着くようです。
関連記事

| Sport Ster | 14:28 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT