FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

2006 - 2018 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'00y XLH1200S ロッカー検証。

前後サスのチューニングをスクーデリア・オクムラさんに依頼している1200S。
ロッカーボックスがパウダーコートから上がってきました。

R0016183.jpg


この車両にはオーナーさん自らがカムやヘッド、ローラーロッカーなどを組み込まれています。
特に問題も無かったようですので数値的な事はあまり気にせず組まれたようですが、ロッカー分解時に気が付いた点がありました。

ロッカーシャフトとロッカーアーム・ブッシュがキツイという事、それにロッカーベースとロッカーアームのエンドプレイが限りなくゼロに近いという事です。

エンジンを組み立てる上でバランスやクリアランスは重要ですが、フリクションを減らす、という事も"回るエンジン"を作るという事を考えた場合大事な事ですし、ノイズや熱の原因になることも考えられるので出来る限りの対策を施すことが必要ではないかと思います。

前後ロッカーベースを見るとどちらもプッシュロッド側で負荷が掛かっているようで、擦れた跡がはっきりと残っています。これでは折角ローラーロッカーを奢っても摩擦が大きく100%の性能を発揮していないかもしれません。組み方なのか、カムのリフト量とバルブスプリングのマッチングなのか、ヘッドとカムは変わっていますがプッシュロッドがノーマルですのでそこらあたりなのか(油圧タペットとはいえ本当ならアジャスタブル・プッシュロッドで適正なレングスに設定する事は重要です)、なんにせよ少なからず問題は生じていた訳です。

勿論この程度ではエンジンに致命的な損傷を与えることはまず無いと思いますが、やはり直さなくてはいけません。という事で昨夜のうちにロッカーベース側にオイルストーンを当て、適正なエンドプレイが出るまでホーニングしました。

とても地味な作業ですがオイルの劣化にも影響しますので大事じゃないかと思います。
これはなにも特別な事ではなく、エンジンを組み立てるうえでは極々当たり前の事ですので何処のお店でも行っていると思います。

R0016173.jpg

R0016176.jpg

R0016175.jpg

R0016174.jpg

関連記事

| Sport Ster | 19:46 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT