MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

2006 - 2018 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'08y FXDL サンダーマックスの取り付け。

マルマスでは定番のフルコン、"サンダーマックス"を2008年モデルのダイナローライダーに装着しました。

R0016103.jpg


ダイナモデルへのサンダーマックス取付は先日の'07y FXDBに続いて2台目となりますが、まずはECMがセットされた配電ボックスを取り外し、加工する事から始まります。

全てのヒューズユニットは個々に分かれて配電ボックスにワンタッチ・カプラーやスライド・ロックでセットされています。これらを外すには思いのほか手間取る事も多い訳ですが、配電ボックスの裏側からロックを外していけば比較的楽に外す事ができたりします。

で、全てのパーツを取り外したボックスがこちら。それをサンダーマックスが入るように加工したものがその下の画像です。2箇所をカットしています。

R0016105.jpg

R0016107.jpg

カット面は手ヤスリで綺麗に仕上げサンダーマックスをボックスに装着します。
ダイナの場合ECMを裏向けに取り付けますから車体にセットしてからでは通信用のケーブルが繋げません。よって予めECMにケーブルをセットした状態で車体にセットします。下の画像はボックスを逆さまにした状態です。

R0016108.jpg

続いてワイドバンドO2センサーへの交換。走行距離の少ない車両だった為かマフラーを外さずに純正O2センサーを取り外す事が出来ました。
因みに'08yダイナの場合、M/TトップケースとワイドバンドO2センサ-のクリアランスは10mmほど。全く問題ないレベルです。

R0016109.jpg

ECMから出た前後センサーまでのハーネスを、マフラーに干渉しないよう且つエンジンの動く分を考慮したゆとりを保たせつつ這わせて固定。

その後ヘッドライトON/OFFリレーをセットして初期同調を行い、インストール完了後エンジン始動。
アイドルは768rpmで安定動作しています。

これで今回の作業は終了です。

R0016110.jpg
関連記事

| ECM | 16:57 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT