FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

2006 - 2018 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

S&S 96" EVO-STROKER 腰下組立その②。

放置してあったS&S96"ストローカーの続きを行いました。

R0016097.jpg


店にそれぞれのパーツが転がっていても邪魔ですし、なにより錆びてしまうので腰下だけでも組み上げておく事にしました。

ケースの填め合い部分にどんな液体ガスケットを使用しようか迷っていたところで作業は止まっておりましたが(S&S 96" EVO-STROKER 腰下組立。参照)現役のレースカー・メカニックである"AIRSPORT"日沖氏のお勧めどおり、国産の液体ガスケットを使用しました。

こういった箇所のガスケットの効き目は経年使ってみて初めて効果が判るものですが、最も過酷なレース・フィールドで実績があるのなら間違いは無いと思います。

R0016098.jpg

左右のケースを合わせたらとりあえずケースボルトを締め付けます。あくまで仮りなので10Nmほどで。

その後ケースを立ててエンジンスタンドにセット。ピストンは装着せずにシリンダーとヘッド(ダミーヘッドでも勿論OKです。)を組み、ヘッドボルトを規定トルクで締め付けます。そうしてからケースの本締めを行うことでケース歪みを最小限に抑える事ができます。

R0016099.jpg

R0016100.jpg

R0016101.jpg

全てのケース・ボルトを規定トルクで締めたらシリンダーとヘッドを外し、これで腰下がとりあえず組めました。

R0016102.jpg
関連記事

| Engine Maintenance | 20:26 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT