MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

2006 - 2018 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'93y FXRP 組み立て作業Ⅱ。(FXR TC88コンバート)

今日もFXRPの組み立てです。

DSCN5133.jpg


用意していたサンダーヘッダーは予想通り装着できず・・・スーパートラップ、純正マフラーも試しましたが尽く玉砕。唯一前回カスタム時に装着していたメーカー不明な爆音2イン2が加工無しで装着出来た為とりあえずショーはこれで行きます。ゴメンナサイ。

マフラーのフィッティングに時間を取られましたがここからは組み立て。
まずは仮付けだったインナープライマリーをセットしてからクラッチASSYやエンジンスプロケットなどの一次ドライブを組み、セルモーターも勿論洗浄してセット。プライマリーカバーをセットしたらエンジン本体の作業はとりあえず終わりです。

最後に2箇所のエンジン・ハンガーのピローボール・アームを調整します。EVOとTCではエンジン自体の高さや幅、それにフレームへの搭載位置が微妙に異なる為なのですが、どちらもロッドの調整可能範囲で収まります。

DSCN5134.jpg

続いてオイルタンクの洗浄。長い間使用されていたタンクはホース劣化でオイルは漏れていますし、オイルフィルターで濾しきれなかった不純物が内部に溜まっている為内部と外側をガソリンで洗いました。折角なのでパウダーコートしておけば良かったと思いましたが今更後の祭りです。。

DSCN5137.jpg

DSCN5139.jpg

フットコントロールやレギュレターもセットし終え完成が近いFXRP。こうして見ると極々自然にTCモーターが搭載されているのでパッと見るとほとんどストック然としています。
すんなり簡単に搭載とはいきませんでしたが、そんな労力が"全く見えない"ようであればこのカスタムは成功したのではないかと思います。

DSCN5140.jpg


--------------------------------------------------------------------

ウチでカスタムをさせて頂く車両の多くは実際"走り倒して"いる車両ばかりです。

1000Kmを超えるロング・ツーリングに出かける。○00Km/hで高速をぶっ飛ばす。勿論不意の雨に打たれる事もしばしば。

そんな使われ方をしている車両のオーナーさん達から限られた予算で修理、もしくはカスタマイズの依頼をお受けする訳でして、そのほとんどが必要に迫られた箇所最低限のメンテナンスですから、コスメティック的な外装のクリーンアップは二の次という事になっています。

ですからショーを意識して製作された車両とは一線を画するほど"遣れてお世辞にも綺麗ではない"というのがウチの車両の特徴ですが(笑)、本気で「走る」という事はこういう事だと思っています。(勿論綺麗に越したことはありませんが。)
カスタム屋というより極々普通な"修理屋"と自負しておりますからウチのイロ的にも合っているのではないかなぁと最近は思います。

実際のところそれで良いのかどうか分かりませんが、ショーにて実車をご覧頂き、皆様の判断基準で個々にご意見を伺えれば嬉しく思います。

ショーまであと10日、会場で皆様とお会いできる事を楽しみにしています。
関連記事

| FXR on T/C | 20:20 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT