FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge

2006 - 2023 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 2017 Fastest EV Motorcycle in Colorado Mile Race.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'89y FXRS / '90y FXR〜T/M分解と検証。

今日は久しぶりに午前様でしたが、頑張った甲斐がありました。

R0002132.jpg


まずは'89y FXRSから。'90y FXRと車両入れ替えをしたかったのでオイルラインだけ組みます。

R0002090.jpg

R0002093.jpg

R0002095.jpg

マフラーを装着してしまうとオイルラインは目立たないのですが。美しく且つ自然な感じに取り回し出来たと思います。

R0002096.jpg

R0002097.jpg

R0002098.jpg

で、此処からが本日のメイン作業。'90y FXRです。昨日倉庫の床にT/Mオイルが落ちているのを発見しました。プライマリーオイルは数百キロしか走行していないのですが結構汚れています。後でクラッチも見ておこうかと思います。

R0002099.jpg

今回の作業で一番重要なのが①シフトの渋さの原因究明、そして②オイル漏れ修理。

R0002100.jpg

これで3度目の作業となりますが、一度もメインシャフトの計測を行なってはいなかったのでマイクロを当てます。シャフト端面で0.12-0.13mm振っており、規定値が0.00-0.08mmなのでリミットオーバー。

R0002101.jpg

インナープライマリーオイルシールからの漏れは無し。

R0002102.jpg

フロントスプロケット裏側も濡れてはいません。オイルがスプレーしていない証拠です。

R0002104.jpg

R0002103.jpg

やはり前回と同じスプロケットスペーサーとメインドライブギアオイルシールの隙間から漏れています。しかしオイルシールが逝っている時のように盛大に漏れている訳ではなく本当に微々たる量。これ位の修理が一番難しい。

R0002105.jpg

T/Mメインシャフトを掴んで上下に揺ると0.1mmも振れました。これは手に感じるガタツキです。これが正常なのかどうか分かり難かったので異なるT/Mを持ってきて同じように計測。

R0002106.jpg

回転方向、上下方向全てにおいて規定値内。やはりFXRのミッションは何かがオカシイです。

R0002107.jpg

インスタと記事が重複するので書くのも正直面倒なのですが(笑)、後々自分でも記事を見直す事もあるのでブログにも書き留めておきます。

スプロケットスペーサーはエボ後期〜TC88で変わっています。おそらく強度とオイル漏れ対策の為だと思われます。今回はこれを使ってTC88準拠にアップグレードします。折角また分解したので何かしらアップデートしないと作業モチベーションが上がりませんから。

R0002108.jpg

クラッチは特に問題が無かったので一度も分解・チェックを行なっていません。折角なので分解しておきます。

R0002109.jpg

クラッチプレートもハブベアリングも全く問題無し。”無駄骨”でしたが無駄ではありません。見ておく事に意味があるので。

R0002110.jpg

ここまでの検証の結果、T/Mになにかしらの問題が生じているままだという事が分かりました。中古ですがT/MのスペアはあるのでT/Mアッセンブリーを抜き取ります。

R0002112.jpg

R0002113.jpg

これはT/Mトラップドアのベアリング。左側がエボ用で、右側がTC88用。見ての通りベアリングサイズが変わっています。TC88になってからは大型化され剛性アップが図られてます。シフトフィールを向上するには軽量化と剛性を上げる、という相反する改良を施す必要があります。それには材料を良質なものに変えたり、加工精度を上げたりとコストを上げなければなりません。BAKERのT/Mが最高級なのはそこにあります。

R0002114.jpg

エボ用よりもTC88のT/Mの方が多々優れています。それは何度も流用した事のある当方が経験値から言っている事ですから間違いないです。

しかしながら一般の方にとってT/M内部は”ブラックボックス”であり、どのような構造で、どう動いているか、なんて理解している人間の方が圧倒的に少ないと思います。

そこで当店ではこうしてバラバラの部品を見ながら構造を説明し、どこをどうしたらフィールが良くなる、悪くなるといった事を理解出来るよう説明をさせて頂いています。エンジンやT/Mは組み上げてしまえば何をどうしたかなんて分かりませんが、知る必要も無い、とは思いませんし、少なくとも理解した上で乗って頂きたいと常々思っています。

R0002115.jpg

幸いオーナー様は比較的ご近所なので仕事帰りにご来店頂き、どう修理しようかと相談しました。TC88化するのがベストだと同意を得ましたのでT/M自体をTC88化したいと思います。

R0002116.jpg

シフトフォークのシャフト。綺麗な傷無しのものに交換したにも関わらず既に擦れた跡があります。なんらかの負荷が掛かっています。シフトが入り辛い証拠です。

R0002117.jpg

R0002118.jpg

T/Mアッセンブリを抜きました。

R0002119.jpg

ケース内部に削ったような凹み傷?があるのですが前回は気がつかなかったです。干渉している訳ではないみたいですのでここは気にしない事にします。もともとキックキットが装着されていたらしいのでその時の名残かも。

R0002120.jpg

メインドライブギア自体はエボ後期とTC88前期〜06y(※TC88後期07yはBAKER同様にヘリカルギア化されてます)までは同じと思っていたのですが、ギアの歯数が違いました。細かく変わっているみたいですね。あと”JAPAN Ver,”なんてギアもあります。

R0002121.jpg

メインドライブギアベアリングは前回交換したばかりなので続投。

R0002122.jpg

R0002123.jpg

メインドライブギアを入れ替えててふと気がついたのですが、このFXRに付いていたメインシャフトにだけ微細な段差があり、そこでドライブギア内部のニードルベアリングが引っ掛かって入りません。シャフトが細くなっているので入る筈なのですが。。実は今回のトラブルの全ての原因はこの段差なのですが、この時点ではまだ気が付かず。

R0002124.jpg

ドライブギアだけTC88用の手持ちが無く5thギアをエボから流用しました。静寂性は違うかもしれませんがメインとカウンターの組み合わせさえ合っていれば物理的には同じになる筈です。案の定あとは全てTC88のままでコンバート出来ました。

R0002125.jpg

トラップドアもTC88。エボより大きなベアリングです。これでT/M右側は完璧。

R0002126.jpg

T/M左側もやはりTC88用のスプロケットスペーサーとオイルシールに交換し強度を上げます。

R0002128.jpg

TC88スプロケットスペーサーへの交換によって生じるスペーサーのオフセット不足は、毎回破棄するスペーサーを流用して旋盤でカラーを製作していました。しかし、91y以降のエボ、もしくはTC88用フロントベルトスプロケットを流用すれば無加工で装着可能。右側の後期エボ用はボス部分が凸っているのが分かるかと思います。

R0002129.jpg

R0002130.jpg

装着したTC88メインシャフトを計測。全て規定値内でした。

R0002131.jpg

これで問題は解決しそうな予感がしますが、決定的な原因が分かっていません。それが腑に落ちないので問題のあったT/Mを全バラしてみました。どうせもう不必要なので壊しても良いですし。

R0002132.jpg

上側が今回トラブルがあったメインシャフトで、下側が他の車両から外してあった問題の無いシャフトです。

一見してギアの当たり面が擦れて曇っているのが分かります。で、前記したシャフトの段差なのですが、あれはもともとあったものでは無く、メインシャフトが痩せてしまっていた段差でした。痩せた段差のエッジはピン角が立ちニードルベアリングのニードルが引っ掛かるので、他の正常なドライブギアを差し込んだ時に刺さらなかった訳です。

で、メインシャフトを削るような硬いものというのはニードルベアリングのニードルそのもので、シャフトも削れていますが、ベアリング自体も広がってガタが出ています。ですからこのFXRのメインシャフトには、この車両で使っていたドライブギアしか嵌まらなかったという訳です。

メインシャフトが痩せていれば揺れるので、いくらJIMSのスペーサーを入れようが、新品のオイルシールに交換しようがオイルは100%漏れます。ドライブギア側のベアリングは広がってしまっているのでシャフトととの隙間が大きくなりシャフトは更に揺れます。だからこの車両のメインシャフトは0.1mmも上下方向に揺れた訳です。シャフトが揺れればメインシャフトとカウンターシャフトの噛み合いが変わり、シフターフォークが引っ掛かる原因にもなります。

入庫当初、テスト走行した際に強めで素早いシフト操作を行なった瞬間から2速からギアが抜けなくなった訳ですが、シャフト自体の揺れが大きくなる故、入らなくなったと考えれば今回のトラブルの全てが合致します。

R0002135.jpg

まだ走らせて確認するまで安心は出来ませんが、なにか胸の奥に引っ掛かっていたモヤモヤしたものが払拭されたような気がします。ショベルのメインシャフトが痩せる、というのは何度か聞いた事があったのですが、当店で、エボで初めての案件ですから今回はとても勉強になりました。まぁ3度も組み直すという自分の勉強代は高くつきましたけどね、、、

R0002133.jpg

※余談

クルマでも単車でも、マニュアルシフト車の醍醐味とか楽しさはエンジンの吹け上がりも勿論ですが、シフト操作の楽しさ、これに尽きると思うんです。シフトアップやダウンがスパッと決まると本当に気持ちが良いですし、如何にも”操っている”感がしてAT車にはまず無い感覚です。

単車のシフトも同様で、当方は以前ショベルFXBに乗っておりましたが、見た目はもう最高なのですが、シフトフィールの悪さと言ったら閉口モノで、そのうえ2年に一度位の割合でT/Mオイルは漏るというT/Mケースの構造の悪さから好きだったスタージスを手放しました。BAKERには”4 into 6”という商品がありますが確かショベル用は無かった筈です。

自分が単車に乗っていて一番重要視するのがこのシフトフィールで、エボだからこんなもんだよ、とか諦めたく無いんです。実際BAKERを入れてみれば分かるのですが、本当にハーレーが日本車みたいになります。「なんなんだよ!ハーレーでもこんな素晴らしいシフトに出来るんじゃん!!」となる訳ですが、何せ高価だから簡単には手が出ません。

しかしながらエボとTC88と比べても実際シフトフィールが違うので、BAKERは無理でもTC88みたいにしたい、という理由から数多くのTC88コンバートを今までやってきた次第です。
それには数々の失敗があり、お客さんらと二人三脚で得てきた結果です。だからお客さんも迷惑を被っている方も多かれ少なかれいますが(笑)、そこは当店常連さんとの腐れ縁といいますか、当方の馬鹿な挑戦に付き合ってくれています。

普通に組み直したりする事は少し知識があれば誰でも出来ます。しかし、他のものを流用したり、加工して更に良いものに工夫するというのは早々簡単な事ではありません。それでも敢えてチャレンジする事こそメカニックとしての手腕が問われるところであり、自らのスキルアップを図る上で必要不可欠なものだと信じます。

ハーレーのT/M修理と言えば旧車、みたいなところがありますが、エボやTCでも、まだまだやれる事はある訳です。究極はやはりBAKERですけどねぇ$$$$$$
関連記事

| FXR | 02:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT