FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge.

2006 - 2022 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 2017 Fastest EV Motorcycle in Colorado Mile Race.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'90y FXR 車体完成。

イロイロバタバタと忙しくなって参りました。

R0001427.jpg


ようやく体調も戻ってきたようで、空腹感もありますし味覚も戻りました。クイック作業のご依頼は溜まる一方でして、出せる車両は次から次へと納めないといけません。

本日も'90y FXRの続きです。反って曲がってしまっていたインテークフランジはプレスで押して平らに戻しました。

R0001428.jpg

当初某リークレスフランジが使われていましたが、正しく純正インマニをセット出来れば必要無い、というのが持論です。逆にリークレスフランジには”アソビ”の部分が少ない為、面が出ていないヘッドでは過度に二次エアーを誘発する恐れがあります。

R0001429.jpg

いつもの事ですがまずはキャブレターを仮組みしてインマニの角度を適正に合わせます。

R0001430.jpg

この車両は1990年式ですのでケースブリザーとヘッドブリザーの両方が備わっています。ケース側のブリザーが生かしてあったのでヘッドブリザー側は殺してしまいます。
叩き込んであるだけの真鍮製ブリザーフィッティングを外し、1/4"でタップを立ててボルトで蓋をしました。

R0001432.jpg

S&Sブリザーフィッティングも撤去して専用カラーへと変更。

R0001433.jpg

R0001434.jpg

キャブレター回りがスッキリしました。

R0001435.jpg

DYNA2000iを結線。オーナーさんはアリとあらゆる場所にハーネスチューブを被せるが好みみたいですが(笑)、やり過ぎもやはり格好悪い訳です。当方は出来る限り純正と同じハーネス太さのまま、同じ場所を通すというのが好みです。

この車両の点火は独立点火方式ですが、VOESは生かしてあるのでここだけは後々の整備性を考えワンタッチコネクター結線としています。当たり前ですが、ハーネスカラーは完璧にマッチさせてあります。

R0001437.jpg

序でにボディアースケーブルを交換。転ばぬ先のなんとやら。良い心がけだと思います。

R0001438.jpg

車体を仕上げてガソリンを注入。エンジンを始動して暖気を終えたらキャブレターを調整。これまで使っていたS&S HI-4Nと比べてもあからさまにパワフルになりました。

点火ユニットやスパークプラグコード、イグニッションコイルは経年劣化して抵抗値が増すという事をアタマの隅にでも覚えておいて下さい。10-15年使ったら交換してやっても良いんじゃないかと思います。

R0001439.jpg

クラッチケーブルだけ入手出来ておらず未だそのままですが、他の作業は全て完了しました。

テスト走行時に何度かシフトが渋かったのですが、T/Mケース側のシフトリンケージボルトが緩んでいました。という事は同時にリンケージのスプラインも擦り減っている事になります。ボルトは増し締め出来たので”一応”締め付けてみましたが、これで解消しないようであればシフトリンケージは要交換という事になります。
リンケージを交換するにはT/MアッセンブリをT/Mケースから抜き取らないといけないので、ちょっと手間です。

あとは走らせながら調整したら完成です。

R0001440.jpg

R0001441.jpg

※明日6日(火)は納車の為臨時営業となります。
関連記事

| FXR | 19:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT