FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge.

2006 - 2022 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 2017 Fastest EV Motorcycle in Colorado Mile Race.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'90y XLH1200 / '93y XLH883 腰上分解。

XLHスポーツスターが続きます。

R0001065.jpg


まずは'90y XLH1200。この単車も数年放置されていたのでオイルバックのオイルがクランクケースに落ち切っています。まずはスパークプラグを抜いてのクランキングですが、生憎バッテリーが完全放電しており死亡。

R0001066.jpg

4速フレームのXLHは少し大きいFXRと同じバッテリーを使います。丁度新品の在庫があったのですが、充電してなかったので今夜一晩チャージしておきます。

R0001067.jpg

で、ずっと以前から気になっていたフロントブレーキ。ISRというよく分からない4ポッドキャリパーですが、ピストン径がXLの純正マスターシリンダーと相性が悪く、レバー比が適切で無い為ブレーキの握りシロが極端に少ないのがネックでした。加えてキャリパーサポートがデカくて重いし、なによりサポートの取り付け方が危ない感じだったのでここは手直ししたかった。

R0001068.jpg

サポートは多分ワンオフしてあるんだと思います。フロントサスペンションのダウンチューブまで加工してしまっており、旋盤でカラーを作る必要があります。

R0001069.jpg

で、普通に320mm用サポートを使ってブレンボ4ポッドキャリパーをセットしました。これでバネ下軽量化出来ましたし、ブレーキレバーのストローク量が増えたので握りやすくなったと思います。

R0001070.jpg

R0001071.jpg

続いては'93y XLH883。トップエンドのO/Hに加え、ボトムエンドから出ている感じの異音の原因を探ります。

R0001072.jpg

R0001073.jpg

R0001077.jpg

ロッカーカバーガスケットは一度交換されてます。残念ながらロックタイトは使われておりません。ボルトが外し易くて助かりますが。

R0001078.jpg

R0001079.jpg

R0001080.jpg

最もオイルリークが激しかったのはフロント側のタペットカバー。

R0001081.jpg

R0001082.jpg

R0001083.jpg

フロント側インテークのタペットカバーOリングが挟まった状態になっていました。主にそこから漏れていたと思われます。

R0001084.jpg

以前作業された際は此処迄触っている、という事になります。

R0001085.jpg

パッと見た初見だけの感覚ですが、ヘッドやピストン、シリンダーも悪くは無いですね。燃焼室も乾いて煤けており良い状態です。乗ってみた際もエンジンフィールは良かったので予想通り。

R0001087.jpg

R0001088.jpg

R0001089.jpg

機能的には兎も角、タペットも見た目には特に違和感はありません。ただ5〜6万キロ走行していますので交換時期なのは間違い無いと思います。

R0001090.jpg

R0001091.jpg

腰上が全て分解出来ました。明日からは各部品を洗浄しつつチェックを行い、何処まで、何をやるか、を決めていきたいと思います。

R0001092.jpg

R0001093.jpg
関連記事

| Sport Ster | 20:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT