FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge.

2006 - 2022 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 2017 Fastest EV Motorcycle in Colorado Mile Race.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'02y XL883R 火入れとリアエンド分解。

今日も晴れました。

R0000714.jpg


883Rで使用する部品が速攻で到着しました。しかし中にはB/Oで半年以上前にオーダーしてあったバルカンE/Gのプーリーボルトなんかもあったり、、まぁ腐るものではないので良いのですが。

R0000715.jpg

タイヤは様々な銘柄が問屋さんに入荷したようで、即納のものが沢山ありました。今回はミシュランのコマンダーⅢをチョイス。

R0000716.jpg

まずはエンジンを始動する為の作業を進めます。

R0000717.jpg

R0000718.jpg

R0000719.jpg

R0000720.jpg

ボルトも洗浄液に漬け込んでクリーニングしながら進めます。

R0000721.jpg

インテークから覗いた限りではバルブ回りは健全なようです。

R0000722.jpg

R0000723.jpg

インテークマニホールド当たり面はしっかりクリーニングしておきます。

R0000724.jpg

インマニのOリングはクラックが入っていました。この辺りは問題が無くても交換しておくべきです。

R0000725.jpg

キャブレターとエアクリーナーボックスを仮付けして、インマニのストレートを出します。面倒でも必ず行わないと2次エアーを誘発します。

R0000726.jpg

で、インマニの位置が決まったらキャブレターを装着。純正CVとなります。

R0000727.jpg

燃料コックは負圧式ですが、プラスチックボディなので真鍮製のパイプが抜けてしまう事が多々有ります。

R0000728.jpg

真鍮パイプはロックタイトの赤を塗りたくって叩き込み、ペットコック本体をクリーニング。

R0000729.jpg

ガソリンタンクは裏側も非常に綺麗です。

R0000730.jpg

で、車体にセット。

R0000731.jpg

R0000732.jpg

R0000733.jpg

エンジンオイルを注入し、ガソリンも入れました。長いクランキングで油圧ランプが消えるのを待ち、スパークプラグをセットして始動。あっけなくエンジンに火が入りました。
しかし偶にアイドリングがバラつく事があったので、プラグコードの端子を確認するとこのありさま。これでは強く安定したスパークは望めません。

R0000734.jpg

因みにバッテリーはH-D純正ですが、7月に入りまた値上げされました。純正部品は倍以上の価格に跳ね上がっているものもあり、仕方無いとはいえガックリきますね、、

R0000735.jpg

プラグコードは在庫で持っていたSE製の10mmに交換しました。交換したら一発でアイドリングが安定しました。プラグコード、大事ですよ。

R0000736.jpg

問題なく始動出来たので次は車体回り。ここからは重整備が続きますが、まずはリアエンドから。

R0000737.jpg

全体的に油分が抜けてしまっており何処も固く固着していました。リアのアクスルシャフトはグリスが無くなり叩かないと抜けません。リアのブレーキキャリパーもローターに噛み込んでしまいリアホイールを外すのは一苦労しました。

R0000738.jpg

R0000739.jpg

キャリパーは”揉み出し”程度で動くようになれば良いのですが、、無理かなぁ。

R0000740.jpg

R0000741.jpg

R0000742.jpg

この年式のXLは3/4"アクスルシャフトながら、ベアリングはシールドベアリングになっています。ご存じのようにハーレーのキャストホイールのベアリング嵌め合い公差は異常にタイトで、SSTを使った位ではビクともしません。画像のようにホイール側をヒートガンやガストーチで炙らなければ抜けないほど硬く、毎回嫌になります。

その癖ベアリングは純正を含め粗末なアジア製ですので1万キロを持たず壊れるベアリングも多々あります。直ぐに壊れるクセに高価で、交換は至難の技とくれば誰でも嫌になると思います。

その点国産ホイールは寸法公差が適正なのでSSTを使えば簡単に交換が出来ますし、何より信頼できるNGKやNTNの日本製ベアリングを使っているので高性能なのに安価です。

R0000744.jpg

R0000745.jpg

2度3度炙り直してようやく抜けました。また中華製ベアリングを圧入しなきゃならないと思うと気が重いです。
ここは命に関わるところですし、コストが上がってしまったとしても、せめて自国のブランドを使って貰いたかった、、コストダウンを図る場所じゃないと思います。

個人的にグライドなどの国産ホイールをお勧めするのは、軽量化に加えこのあたりの問題が完全にクリア出来るからという理由があります。

R0000746.jpg

R0000747.jpg

続きます。

R0000743.jpg

※本日店の光通信の状況が悪く、併せて光電話を採用している為電話が通じなくてご迷惑をお掛けしております。
関連記事

| Sport Ster | 21:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT