FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge.

2006 - 2022 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 2017 Fastest EV Motorcycle in Colorado Mile Race.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

GS550 / RG400 完成。

少し風が強かったですが晴れて気持ちの良い日曜でした。

R0000155.jpg


まずはGS。T-REVを装着してフューエルコックは純正の負圧式からピンゲルに交換。

R0000156.jpg

R0000157.jpg

GS550のペットコック取り付けピッチは特殊なのでベースをフライスで加工しています。この後テスト走行しましたが、GS550の作業は此れにてようやく終了。あとは数百キロナラシ走行を行います。

R0000158.jpg

お次はRG400ガンマ。CDIが届く前にスズキ純正部品が届きましたので交換しておきましょう。

R0000159.jpg

R0000160.jpg

ラジエターをラバーマウントさせる為の専用ブッシュです。これが本当に良く出来ているんですねぇ、流石は日本車です。

R0000161.jpg

ラジエターは4個のブッシュで固定するのですが下側1個は破断していました。下側はラジエターマウントと共締めでロアカウルマウントステーも装着される為、負担が大きかったようです。

R0000162.jpg

捻れ方向に動いても柔軟に動くという凝った作りなのですが、一個1500円と価格もまぁまぁ素晴らしい、、

R0000164.jpg

今朝は朝イチから店を開けていたので常連さんが早い時間に顔を出してくれたのですが、JOINTSの会場周辺は大渋滞で大変な事になっていたそうです。"ジーンチョッパー"さんがFXRを2台出展していたので見に行きたかったのですが、今日は一日作業が入っていたので無理でした。

R0000165.jpg

此方は先月作業していたドカティの燃料ポンプ配管のリカバリー。使ったホースの材質が悪くガソリンに侵されてしまった為ホース交換です。お待たせしておりスミマセン。

R0000166.jpg

部品が届くまでの間にGSの純正フューエルコックを少し作業。

GSシリーズは全て負圧コックを採用していると思うのですが、このコックには燃料"オフ"の位置がありません。
まぁ負圧コックですから"オン"のままでもガソリンは落ちては来ない仕組みといえばそうなのですが、普通負圧コックでも”オフ”はあると思うんです。
そもそも負圧コックは何かと不便だから好きでは無いし、パッキンとOリングを交換しても微妙に流れ落ちているようでしたので落下式に改造です。

R0000167.jpg

加工方法は負圧の穴を埋めてしまい、ガソリン流路は削って繋ぐ、という方法です。GSに詳しい方がその情報をネットにアップしておられたので参考にさせて頂きました(情報共有誠に有難う御座います)。
これにより負圧ホースは必要無くなり、コックはオフ→オン→リザーブという3つの切り替えになりました。

R0000168.jpg

で、ようやく待っていたCDIが届きました。”メガスピード”様のデジタルCDIです。

R0000169.jpg

CDIはコネクターで割り込ませるだけの完全ボルトオン設計です。CDI本体の固定を含めても数分で作業は完了します。エンジンを始動する前にスパークプラグに火が飛んでいるか確認しましたが、CDIを交換したら一発で直っておりました。
やっぱり当時物の純正CDIは流石に寿命ですね。

因みにですがRG400/500はスクエア4のコンパクトなエンジン故、スパークプラグ位置が簡単には手が届かない位置にあります。プラグ交換には車載工具にセットされている専用レンチを使えば簡単なのですが、それが無いと画像のようにカウルやらタンクを外す、という厄介な事になります。純正プラグレンチだけは絶対に入手するべきだと思います。

R0000170.jpg

R0000171.jpg

外装を元通りに戻してエンジン始動も確認しました。デジタルCDIに変更した事で常時点火時期が安定し、エンジン回転上昇もスムーズで随分速く回るようになりました。それこそレッドゾーンの10000rpmまで一気!です。

R0000172.jpg

今日テスト走行を行いたかったのは山々だったのですが、部品が届いたのが夕方で、車体が完成したらもう夜になっていました。初期のテスト走行では車体各部を出先で停めてチェックする為、夜は細部まで確認出来ないので無理なんですよね。
来週は天気が崩れる日が多いみたいですが、道が乾いている時を見計らって走らせたいと思います。
関連記事

| Metric Bikes (JAPAN) | 21:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT