FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge.

2006 - 2021 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 2017 Fastest EV Motorcycle in Colorado Mile Race.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

三連休3日目。

今日は不毛の1日でした。明日はやっと定休日です。

R0243668.jpg


JIMS 131"TC-FXRですが、クラッチバスケット毎交換するつもりだったのですが、スターターリングギアを上手く外す事が出来れば、余分な出費を抑える事が出来ます。ですので当店に在庫があったエボ後期かな?兎に角102Tのスターターリングギアが付いていたシェルからギアを外します。

R0243669.jpg

リングギアはリベット止めですが、このリベットは比較的柔らかい材質のスチール製。当然再使用する事は出来ません。

R0243670.jpg

部品取りのシェルからは上手く外す事が出来ました。

R0243671.jpg

続いてこの車両に元々付いていたツインカム用のシェルから66Tリングギアを外す訳ですが、リベットが動く前に、クラッチシェル自体が割れました、、FUCK OFF。

R0243672.jpg

仕方無いので在庫のクラッチシェルを引っ張り出し、ニコイチ、もしくはサンコイチでシェルを組み立てます。

R0243673.jpg

取り敢えず組み合わせたシェルをセット。スターターピニオンギアも9Tから10Tに変えました。クラッチシェル側のスターターリングギアとピニオンギアの位置関係は正しい位置にあります。車種によってはこのオフセットが合わないものもあるので注意が必要。

R0243674.jpg

クラックの入ったクラッチシェルからまだ使えるハブだけを抜き取ってみたのですが、なんとクラッチハブベアリングを圧入する際、プレスで裏側から押し過ぎてベアリング止めのストッパー部分がガッツリ欠けて無くなっています。これだとクラッチバスケットが左右方向に動いてしまう事になります。

当然破片が見つかりませんでしたので、以前この車両を作った際に失敗して、そのまま組んであったものだと思います。この車両はアメリカから輸入された際もTC88エンジンを搭載されていたようですが、2度連続でスターターのワンウェイが破損しており、①スターターリングギア比の不適性+②クラッチバスケットが左右方向に動いてしまう事によるギアの噛み合わせの悪さ、この2点が原因でトラブルを誘発していた、と考えられます。

R0243675.jpg

取り敢えずエボ後期の1次ドライブで仮組み。まぁこれでも問題は無いのですが、ツインカムになってからのクラッチ板自体の直径はエボ時代に比べると大きくなっており、その分クラッチの効きは良くなっています。この車両は排気量が131cu"もあるので、クラッチは強力であればあるに越した事は無い訳です。

純正部品流用するにしても、部品自体の良し悪しを考えながら組み合わせないといけません。「合えば良い」という程度の低い次元で組んでいるとストックエンジンならなんとか持つかもしれませんが、大排気量のエンジンやチューンドエンジンでは全く以って役に立ちません。

R0243676.jpg

もう少し悩みます。

R0243677.jpg
関連記事

| Big Twin | 19:22 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT