FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge.

2006 - 2021 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 2017 Fastest EV Motorcycle in Colorado Mile Race.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

JIMS 131" TC-FXR〜ドライブ回りの作業。

暫くは目紛しく作業車両が変わるかと思います。

R0243631.jpg


そんな訳で本日はTC-FXR。昨日業者さんからステーターとオルタを受け取ったのでまずは組みます。

R0243632.jpg

どちらもこの車両で使っていたTC88用の中古品ですが、ステーターコイルの状態は上々、オルタネーターのマグネットも超強力ですので暫くは問題無いと思います。

R0243633.jpg

R0243634.jpg

R0243635.jpg

チェーンラインを出す為少々加工。

R0243636.jpg

R0243638.jpg

フロント側のドライブスプロケットはPBI製の24Tとしました。普通のオフセットスプロケットは、なんと言いますか、直角になっておりC面が無いのですが、このPBIは丁度”24T”とマジックで記載した部分がぐるりとC面加工されています。軽量化に貢献しますし、単純に見た目も格好良いです。
当方のレース車両ではフロントスプロケットは必ずこのPBI製を使っています。

R0243639.jpg

R0243640.jpg

インナープライマリーカバーはリンクルブラックでパウダーコートしました。純正新品よりも美しく仕上がっております。

R0243641.jpg

R0243642.jpg

R0243643.jpg

しかしこの車両も兎に角ボルトが無い、、多分部品を外してからウチに持って来るのを忘れているだけだと思うのですが。ボルトが無いだけで作業が止まるのも嫌なのでネジ箱から探す訳ですが、同じ長さの強度ボルトを探すのは骨が折れる作業なので、ボルトは必ず持ち込んで頂きたい。。

R0243644.jpg

以前は純正では無いボルトが使われている箇所も多かった為、そんな時は在庫の部品から外して使います。エンジン内部のボルトは必ずH-D純正ボルトでないと駄目だと思います。アメリカからやって来た改造車両は本当にメチャクチャですので(笑)、ほぼやり直さないと駄目ですね。

R0243645.jpg

で、ようやく1次ドライブが組める訳ですが、ご丁寧な事にわざわざTC88のクラッチシェルにエボリューション用の66Tスターターリングギアが組まれています、、エボエンジンならこれでもOKですが、ツインカムで、それも131cu"もあるビッグモーターでこの66Tはかなりハイリスク。

R0243646.jpg

左側がエボの66Tで、右側がツインカムになってからの102T(※画像のシェルはエボ後期のモノかもしれませんが)。66Tが絶対に駄目、という訳ではありませんが、バッテリーが弱ってきた際の始動性には危険が伴います。この車両の場合ACRが付いているのでスタート出来ず最悪バックラッシュでリングギアが欠けたり、スターターワンウェイが逝ったりする事は稀だと思いますが、それでもこれだけの排気量であればツインカム準拠のスターターギア比にするべきです。

R0243647.jpg

どうしようか悩むところですが、生憎当店のTC88用クラッチバスケットのストック分は使い切ってしまったので今は在庫が御座いません。

R0243648.jpg

うーん困りました。ここで止める訳にもいかないので取り敢えず66Tで組むとするのか悩ましいところです。

R0243649.jpg
関連記事

| FXR on T/C | 23:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT