FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge.

2006 - 2022 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 2017 Fastest EV Motorcycle in Colorado Mile Race.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'93y 90th XL1200 車体完成。

部品が揃ったのでスポーツスターを仕上げます。

R0243368.jpg




H-D純正のファイヤーリング付シングルレイヤーのヘッドガスケットは在庫があったのですが、折角なのでMLSに交換しておきたかった訳です。錆びて見窄らしかったヘッドボルトもTC88-M8用の純正クロームメッキボルトに交換しました。

R0243369.jpg

作業中はどうしてもヘッドを触ってしまうので油分が付着するのですが、セラコートしてあるのでブレーキクリーナーを少量染み込ませたウエスでさっと拭けばピカピカになります。

R0243370.jpg

R0243371.jpg

R0243372.jpg

R0243373.jpg

R0243374.jpg

エンジン本体が完成しました。

R0243375.jpg

ポリッシュしたロッカーカバーはとても汚れ易いです。指紋が付いただけでも直ぐに白っぽくなる為マメなメンテナンスが必要です。

R0243376.jpg

ここから車体補器類を組んでいきます。その前にまずはクリーニング。

R0243378.jpg

水溶性の洗浄液を何度かスプレーして、

R0243380.jpg

その後ブラシでゴシゴシ擦ります。最後に水道水で洗い流すという作業を行っています。

R0243381.jpg

エンジンフロントハンガー。パウダーコートを依頼されていましたが錆も無く綺麗なものでしたのでそのまま使います。

R0243382.jpg

キャブレターも綺麗になってさっぱりしました。

R0243383.jpg

R0243384.jpg

インテークマニホールドの角度が正しくなるよう、エンジントップハンガーを装着する前にA/Cバックプレートをセットして位置を決めます。

R0243385.jpg

マニを本締めしたらエンジントップハンガーをセット。この年式のスポーツスターはイグニッションキーがハンガー上部にセットさせており、非常に凝ったマウントになっています。VOESマウントやホーンマウントも別体になっており、全て共締めで装着していきます。この構造が面倒なのでエンジントップハンガー下にIGキーシリンダーをぶら下げる前期型に変更している方も少なくありません。

R0243386.jpg

こんな具合になります。

R0243387.jpg

VOESの負圧ホースが劣化し割れていた為シリコンホースに交換。色が派手ですが、ホースに不具合が発生した際でも見易いので敢えてこのカラー。自動車用のバキュームホースを使っています。

R0243388.jpg

で、純正のマフラーやエアクリーナーもセット。エアクリーナーがデカイので折角ペイントしたヘッドやシリンダーはほとんど見えません、、

R0243389.jpg

なんとか今日中に車体が完成しました。一晩置いてから明日クランキング→火入れと進めます。

R0243390.jpg

R0243391.jpg

T-man 107cu" FXDBで使用するクラッチ回りの部品が揃いました。FXDBは既に作業準備を行ってありますので順次進めていきたいと思います。

R0243392.jpg
関連記事

| Sport Ster | 19:44 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT