FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge.

2006 - 2022 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 2017 Fastest EV Motorcycle in Colorado Mile Race.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'79y GS550 トップエンド分解再び。

上手くいかない事も多いです。

R0243332.jpg


まずは作業車両を入れ替え。エンジンが完成しておりませんので適応適所に養生しておきます。此方のTC-FXRはオイルバックステー溶接加工の為、ご依頼元の業者様に一旦戻します。

R0243330.jpg

XL1200はヘッドボルト待ち。木曜日にはH-Dディーラーさんに届くようです。

R0243331.jpg

車両を入れ替える序でに倉庫を掃き掃除。此方のケニーボイスフレームTC-FXRも年内に火を入れたいのですが、、頑張ります。

R0243333.jpg

JIMS131 TC-FXRとCBR600RRは出ていくので少し倉庫に空きが出そうです。とはいえ入庫すら出来ていない車両が沢山ありますのでクイック作業を除く新規の作業は、なかなか出来ないと思います。

R0243334.jpg

廃棄処分するタイヤが表に10本以上ありました。このまま年を越したくはなかったのでタイヤ業者さんに来て頂いて引き上げて貰いました。廃タイヤの処分は一本200円で請け負って頂いております。

R0243335.jpg

そうこうしていると郵便で荷物が。英国に注文してあったGS550用のO/Sピストンがようやく届きました。

R0243336.jpg

R0243337.jpg

ピストンリングのパッケージが見当たらなかったので、もしかして入れ忘れか?と焦りましたが、なんとピストンにセットしてありました。こんな事は初めてです。笑

R0243339.jpg

右側が今回入手したピストンで、左側がスズキ純正デッドストック。オイルリング幅があからさまに違うのが一見してお分かりになるかと。現代的なピストンリングを使用しており信頼度は高そうです。当然ながらMADE IN UKとなります。

R0243340.jpg

ここで暫く空いてしまったBP87FXRを作業。相変わらずウインカーに翻弄されております。同業者様に意見を聞いたりしてイロイロあの手この手を行っているのですが一向に点滅せず。

R0243342.jpg

LED化で電圧消費が減っているので既存の電球ウインカーを潜り込ませて電圧を消費させてみます。しかしそれでも点灯するだけで点滅はしません。

R0243343.jpg

アクティヴ製リアLEDナンバー付属の抵抗を入れてみても駄目で、バットランドのイコライザーを入れても駄目。何をやっても全く点滅せず、、

R0243344.jpg

あと手を入れていないのはこのフロントウインカーだけなのですが、、

先日作業した'92y FXRSのLEDウインカーは同じようなタイプのD/S製でしたが、それには年式に応じて2種類ウインカーがありました。このLEDウインカーが何年式のモデルに対応しているのかどうかさえ分かりませんし、そもそも抵抗の有る無しも知りません。
電球タイプのウインカーに戻してくれれば一発で解決するのですが、当店で用意した部品ではないのでなかなか難しい訳です。うーーーーーーん、参った。そもそも全てが年式マッチングではないですしねぇ。

R0243345.jpg

FXRが滞ってしまったので気分を変えます。頭に血が上って作業してもロクな事はありませんから。
組んであるGS550からシリンダーを抜き取ります。

R0243346.jpg

一度組み直しているのでサクサク進めます。

R0243347.jpg

R0243348.jpg

R0243349.jpg

カムを外した状態、つまりはバルブが完全に閉じているであろう状況でリークテストしてみたかったのですが、やってみたところ4気筒共にLOWという結果が。先日エンジンが組み上がった状態では全てHIGHだったのですが。カムカバーを外した状態だとケース側の内圧が抜けてしまうのでしょうかね?何分DOHCエンジンは勉強不足です。
あと3番のエキゾーストはエアーが抜けています。バルブフェイスが曲がってしまっているのかもしれません。

R0243350.jpg

R0243352.jpg

R0243353.jpg

R0243354.jpg

シリンダーとピストンが外れました。ここまで作業して一時間強。慣れればハーレーのOHVと同じ位のスピードで分解出来ますね。

R0243355.jpg

R0243356.jpg

GSはこれで一息。シリンダーボーリングが上がるまで眠らせます。

R0243357.jpg
関連記事

| Metric Bikes (JAPAN) | 23:36 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT