FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge.

2006 - 2021 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : マルマスモーターサイクルラウンジ 【ハーレーダビッドソン及び国産絶版旧車の整備/修理全般】

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'98y XL883 / '85y RG400Γ。

まずはクイックの作業から。

R9265179.jpg


此方のXL、'96yと記載してましたが、'98yの間違いでした。

XLスポーツスターは1997年式を境にして、バッテリー端子のプラスとマイナスが逆転します。よって交換を依頼されていたバッテリーは端子方向違い、という事で本日交換は出来ませんでしたが、バッテリーバンドの修理は完了しました。

他にもクラッチが重くてニュートラルが出難い、という事だったのですが、これはどうやらレリーズベアリングの不調のようでした。此方も部品が無いのでまた後日修理させて頂きます。ベアリングが粉砕している訳ではなかったのでクラッチワイヤーを故意に張り気味に調整し、本日のところは乗って帰って頂きました。

R9265180.jpg

本日はもう一台クイックが入るかもしれなかったのですが、生憎お仕事が多忙との事で中止。400ガンマのキャブレター2番と4番をO/Hしておく事にします。

R9265181.jpg

先日1番・3番で一度作業しているので簡単です。

R9265182.jpg

此方もご多分に漏れず腐ったガソリンが入っておりオイル分が沈澱しています。ガソリンだけが腐ると緑色している事が多いのですが、2ストオイルと混ざると黄色になるようです。臭いけど我慢出来る類の匂いです。

R9265183.jpg

クリーニング方法も的を得ておりますのでサクッと綺麗になりました。

R9265184.jpg

フロートボウル内部もご覧のとおり綺麗さっぱり。

R9265185.jpg

熱湯+洗浄剤+エンジンコンディショナーの威力は素晴らしいです。これからは遣れた旧車のキャブレターでも平気かもしれません。

R9265186.jpg

で、元に戻します。これはケーブルにキャブがぶら下がっている状態です。

R9265187.jpg

実際作業してみて分かったのですが、2本のスロットルケーブル、2本のオイルライン、チョークケーブル、フューエルライン、エアーベントホースを全て外す事なく、キャブボディの固定ボルト4本を外すだけで簡単にジェット交換出来るようになっています。徹底的に考え抜かれた整備性の高さは流石としか言いようがありません。"MADE IN JAPAN"クオリティー、素晴らしい。

R9265189.jpg

さて、これでガソリンを流せば一応エンジンが始動出来るであろうレベルに達しました。あとやっておくとすればクーラントとT/Mオイル交換位でしょうか。

R9265190.jpg

ガンマ400は取り敢えずここまで。後は7月に入ってから行います。

R9265191.jpg
関連記事

| Metric Bikes (JAPAN) | 00:53 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT