FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge.

2006 - 2021 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 2017 Fastest EV Motorcycle in Colorado Mile Race.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'92y TC96-FXR-SP 完成。

今日は肌寒い一日でした。

R9264794.jpg


本日まずはトップ画像の'03y FXDLをお預かり。今作業しているFXRSとは同時期に車検が来るので自ずと2年毎にこの2台の車両がほぼ同時に入庫します。
このFXDLは2003年モデルで当店で製作してから随分と時間が経ちました。しかし今もビカビカに磨かれ調子の良い状態を維持しています。

で、FXRS。

R9264795.jpg

ブレーキフルードを完全に抜いたところ、ブレーキマスターがスカスカになりエアーが抜けない状態になりました。長く停まっていたのでマスターのカップが機能していない状況だと思います。ショベルヘッドではかならず発生する修理ですが、ツインカム(マスターはエボのまま)の車両では稀な珍しい修理。
まずはブレーキキャリパーのピストンを全部戻して作動するようにならないか試しますが、まぁまず駄目な訳で、、

R9264796.jpg

仕方ないので右側のステップを外し、リアのブレーキマスターを外します。なお社外のブレーキペダルがグラグラしているのは構造的な問題だという事が分かりました。ブレーキマスターのトルクロッドを最後まで真っ直ぐに押す事が出来ない為、ここは元のペダルに戻す方が賢明だと思います。

R9264798.jpg

R9264799.jpg

R9264800.jpg

ブレーキマスターを分解。シリンダー内部にはよく分からない黒いザラザラしたスラッジが溜まっていました。生憎O/Hキットの手持ちが無かったのでクリーニングで直らないと部品を手配する事になります。

R9264803.jpg

で、組み立て。

R9264804.jpg

R9264805.jpg

最初なかなかエアー噛みが抜けず、やっぱりカップを交換しないと駄目かなぁ~と諦めかけましたが、500mlのフルードを流し切って復活出来ました。これにて整備は完了となります。

R9264807.jpg
関連記事

| FXR on T/C | 20:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT