FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge

2006 - 2023 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 2017 Fastest EV Motorcycle in Colorado Mile Race.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'89y XLH 4速トランスM/T修理完成。

お預かりしてた4速ミッションの修理・調整が終了しました。

R0015172.jpg


まずは再び全バラしてシフターカムプレートの溝加工を行います。
下の画像が加工前のカムプレートです。フィンガーローラーがトレースする溝の両端が荒れている事が分かるかと思います。
最も酷いところはエッジだけではなく溝の内側も"虫食い"になってしまっています。

R0015173.jpg

R0015178.jpg

ここをまずは細めの砥石で削り角を均します。途中何度もフィンガーローラーを押し当ててスムーズに動くか確かめながら作業。荒削りの後はペーパーでひたすら磨いて面を均等にしておきます。

R0015174.jpg

R0015176.jpg

R0015175.jpg

交換する左側のキャリア・サポートASSYは70年代ショベルスポーツのものですが、位置決め用のノックピンも削り出しのものが使用されていたりして造りは良いです。洗浄後キャリア・スプリングやシフタースプリングは高年式のものと入れ替えました。

R0015179.jpg

後はアッセンブリ・ルーブを塗りながらM/Tを組み立てるのみ。
各ギアもカシャリ!カシャリ!と気持ちよく入るようになり、フィールは上々だと思います。
因みにこの構造のM/Tを採用しているXLHは70年代より80年代後半まで長きに及びます。
今回行ったカムプレートの処理などはアイアンショベルでも効果がありますのでフィーリング・アップにはお勧めです。

R0015180.jpg
関連記事

| Sport Ster | 17:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT