FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge.

2006 - 2021 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 2017 Fastest EV Motorcycle in Colorado Mile Race.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'79y FLH 整備。

今日はのんびりショベルヘッドの作業です。

R9263967.jpg


まずは各部のチェックから。
プリモ製のベルトドライブを使っていますが、クラッチダストで汚れている位でベルトもハブベアリングも問題ありません。

R9263968.jpg

R9263969.jpg

ロッカーベースからオイル漏れが始まっています。一旦ガソリンスチームで綺麗にしてどれくらいの量が漏れているのか判断します。

R9263970.jpg

R9263971.jpg

お次はブレーキ。ショベルヘッドでは最も頻繁にメンテナンスの必要がある箇所です。適度に走らせ、早めにフルードを交換していれば早々面倒な事にはなりませんので結局安上がりです。
走行距離や車両の保管環境によりますが、最低でも1年に一度は交換すると良いと思います。

R9263972.jpg

多分前回交換から1年位?じゃないかと思います。フルードこそ劣化して黄色に変色していますが、マスター内部は綺麗なものです。

R9263973.jpg

R9263974.jpg

純正フルードであればDOT5は綺麗な青色ですので、色が変わってきたら交換時期だと思います。

R9263975.jpg

リアブレーキはフルードの量が多いので劣化が少ないです。それでも既に紫色に変色しています。青→紫→黄と色は変化していきます。

R9263976.jpg

R9263977.jpg

T/Mオイルをチェック。量も粘度も問題無し。今回は交換の必要はありません。

R9263978.jpg

一旦表に出して1次ドライブのダストをガソリンスチーム。

R9263980.jpg

R9263981.jpg

綺麗になったところでクラッチをチェックします。

R9263982.jpg

一番奥のフリクションプレートだけがガタガタになっていました。厚みはまだ十分残っているし油分も吸っていない為、今回は表裏逆組みしてリカバリー。

R9263983.jpg

クラッチバスケット内部も大量にダストが付着しているのでクリーニング。

R9263985.jpg

3フィンガーのスタッドはもう凸凹ですから頃合いを見て交換しても良いと思います。今のところジャダーも引き摺りも無いのでこのまま続投します。

R9263987.jpg

フィンガー部分にはプレートの滑りを良くしてクラッチのキレを少しでも良くする為、グリスアップをします。当方は熱に強く流れ落ちない粘度の高いものを此処に使っています。

R9263988.jpg

そのまま組むつもりでしたが、二階倉庫に新品の社外プレッシャープレートが転がっているのを見つけました。アルミ製ですが強度は十分だし、何より鉄より軽くて放熱性に優れているので試しに交換してみます。当然サービスです。

R9263989.jpg

クラッチバスケットは絶えず回転しています。強度を度外視出来るのであれば、軽ければ軽い程T/Mへの負荷は少なくなり、操作性も間違いなく上がります。回転部分の軽量化は体感出来るかどうかは別としても、やっておいて無駄にはならないと思います。

R9263990.jpg

1次ドライブは完成。エンジンを始動してクラッチを操作しましたが悪くない感じです。前よりも良くなっているんじゃないかと。
キチンと定期的にメンテナンスしていれば、古いショベルでも適切に動作するものです。

R9263991.jpg

何故かここ最近ご来店されるお客様が多く、本日も入れ替わり立ち替わりお客様がお見えになりました。有難い限りです。

取り敢えず、まずは此処までの状態で一度走らせチェックしたいと思っています。

R9263992.jpg
関連記事

| Shovel Head | 19:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT