FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge.

2006 - 2021 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 2017 Fastest EV Motorcycle in Colorado Mile Race.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'92y FXRS-CON トップエンド組立。

2月に入りました。

R9263866 のコピー


まずはヘッドを組みます。

R9263867 のコピー

R9263868 のコピー

左側が新品のバルブシール、右が今回外したシールです。シールが開いてしまって内径が全く違っている事が見て取れるかと思います。熱で硬化してしまっております。

R9263870 のコピー

R9263871 のコピー

R9263872 のコピー

R9263873 のコピー

ヘッドは完成。

R9263874 のコピー

続いてピストンリングの計測です。

R9263869 のコピー

R9263875 のコピー

R9263876 のコピー

R9263877 のコピー

R9263878 のコピー

R9263879 のコピー

お馴染みヘイスティング製のリングですが、ここ最近は精度も上がりリングエンドの調整が必要な事は少なくなりました。日本製と異存ない、とは言いませんが、部品が良くなる事は嬉しいです。

R9263880 のコピー

リングをピストンにセットします。

R9263881 のコピー

全てのリングエンド方向を調整しインストールする準備が完了。

R9263882 のコピー

トップエンドを組む前に、車体側を手直ししておきます。まずはエンジンマウントボルト。

R9263883 のコピー

R9263884 のコピー

ARP製の12ポイントに交換。

R9263885 のコピー

ダイヤモンドE/G製のボルト、特に小さめのキャップボルトは六角穴が浅くてダメになっているボルトが稀にあります。締めるのはなんとかなりますが、抜く時にまず舐めるので、見つけたら破棄します。流石はMADE IN USAクオリティ、、

R9263886 のコピー

T/MトップカバーはダイヤモンドE/Gのキャップボルトに交換。

R9263888 のコピー

"トランスフォーメーションキット"という10万円近い車種別のボルトセットが売っているのですが、それでもこういったスターターボルトなんかはキットに付属していません。個々に単体でボルトを入手する事になります。

R9263889 のコピー

足りないステンボルトは個人所有するボルトから持ち出しして装着。もういちいち計算して要られません、、

R9263890 のコピー

R9263891 のコピー

ほどほどボトムエンドのボルトは交換したのでトップエンドを組みます。

R9263892 のコピー

シリンダーヘッドまで一気に組んだのですが、画像撮り忘れてますね。

R9263893 のコピー

で次にプライマリーカバー。ダイヤモンドE/GのキャップボルトにするかARPの12ポイントにするか迷っています。

R9263894 のコピー

12ポイントの方が目立って格好良いのでARPにしました。インスペクションやダービーカバーはヘックスのボタンボルトになっています。

R9263895 のコピー

R9263896 のコピー

これだけのボルトをステンレスに交換しました。ボルトだけで一体幾らになるのやら、、しかし、ボルトは大事ですので手は抜けません。

R9263897 のコピー

黒いエンジンには特にステンレスボルトは映えます。ボルトを交換した車両とそうでない車両は、仕上がり具合がはっきり言って全く違います。

R9263898 のコピー

今日はこのへんまで。

R9263899 のコピー

昨日納車させて頂いた'88y FXRSですが、本日海老名SAまで自走したところでリアバンク側ロッカーカバーからのオイルリークがあると連絡を頂きました。少し、ではなく、かなりの量が漏れています。
幸い機関には問題無さそうでしたので、念の為オイルタンクにオイルを補充して貰って都内の自宅まで帰宅して頂きました。

入庫時にもリアバンク側は激しく漏れていましたが、ロッカーカバーガスケットの交換で直るとばかり思っておりました。遠方のお客様の場合は念には念を入れてテスト走行しているつもりですが、、それでも甘かったようです。

組んで間もないエンジンでの連続高速走行での高負荷が原因なのか、それともヘッドブリザー以前のロッカーカバーに多いカバーの歪みなのか、それとも単純にロッカーカバーガスケットなのかは開けてみれば分かると思います。
タペットも早々に異音が出だした、という事ですので合わせて確認する必要がありそうです。

R9263900 のコピー
関連記事

| FXR | 22:32 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT