FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge.

2006 - 2021 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 2017 Fastest EV Motorcycle in Colorado Mile Race.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'92y FXRS-CON / TC96シリンダーヘッド組立。

今日はたっぷり内燃機作業でした。

R9263640.jpg


本日まずは'92y FXRS-CONの一次ドライブを組んでおきます。純正新品のオルターネータローターをセット。

R9263641.jpg

で、一次ドライブ完成。プライマリーチェーンは今回でもうアジャストする余裕が無いので次回は要交換です。

R9263642.jpg

さて、次は”ファイントムゲート”様のTC96エンジン。シリンダーヘッドを組んでおきたいと思います。

R9263643.jpg

まずはともあれバルブのカーボン落としから。

R9263644.jpg

毎回骨の折れる作業ですが、無心で頑張ります。

R9263647.jpg

汚れ作業次いでですので'92y FXRS-CONのバルブもカーボンを落としておきます。

R9263648.jpg

激しいオイル下がりでカーボン山盛りです。笑 しかし、しっとりしている分カーボンが柔らかくてTC96よりは簡単でした。

R9263649.jpg

ここでTC96後期のバルブシャフトとエボのバルブシャフトの重さを比べてみたいと思います。
後期の3つ溝コッターの細軸バルブ(IN)側は87g。

R9263650.jpg

対してエボのIN側バルブは99g。なんと12gもの差があります。バルブ一本で12gというのは凄まじい差ですよね。

R9263651.jpg

内燃機に詳しい方ならバルブは出来る限り細くて軽い方が全てにおいて都合が良いという事は簡単に想像がつくかと思います。
バルブガイドを製作し、シートカットをやり直せばエボのシリンダーヘッドでも流用出来そうな気がします。バルブ径はほぼ同じなのでビックバルブになる訳ではありませんが、サージングに強く、TCのビーハイブ・シングルスプリングと併用すれば始動性も格段に上がるし、吹け上がりも随分軽くなる筈です。TCのバルブトレインを流用しての”スーパーエボヘッド”、これはアリかもしれませんねー笑


R9263652.jpg

FXRのバルブも綺麗になりました。ヘッドがパウダーコートから上がってくれば直ぐに組む事が出来ます。

R9263653.jpg

TC96エンジンはバルブ擦り合わせ。相変わらずオールドスクールな”タコ棒”。中華製の安物バルブラッパーを買ってみたのですが、なんだか使い辛くてお蔵入りしています。

R9263654.jpg

R9263655.jpg

バルブもバルブシートも大きな石噛みもなく、比較的良い状態でした。

R9263656.jpg

この年式はバルブスプリングのロアカラーがありません。よって純正のバルブシールを使用します。

R9263657.jpg

シリンダーヘッド完成。
もうボチボチ腕と肩が痛くなってきたので、本日は此れにて終了です。

R9263659.jpg
関連記事

| Engine Maintenance | 19:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT