FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge.

2006 - 2020 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

650RS W3 〜エンジン分解とT/Mフルオーバーホール。

定休日の本日。珍しく午前様でした。

R9263012 のコピー


今日は2台のFXRの作業準備をしておかなければならなかった為、休日出勤しました。

まずは'89y FXRS。バッテリーをチャージしたので始動出来るかどうか確認です。
バッテリートレーの底板部分まで全てペイントしたので、2.8mmのゴム板を敷いておきました。

R9263004 のコピー

で、始動せず、、、結局オーナーさんに持ち込んで頂いた中古セルモーターも駄目みたいです。涙

R9263005 のコピー

仕方ないのでプライマリーオイルをドレン。こんな事ならオイルは入れなきゃ良かった、、問屋さんに1.4kwのスターターの在庫が無い、との事でしたので、しばし作業はストップします。

R9263006 のコピー

続いてTC95 FXRS。現在グライドのリアホイール修理待ちですが、その間にフロントサスペンションのメンテナンスを行う事にしました。

R9263007 のコピー

サッと取り外し。

R9263008 のコピー

このサスペンションもスクーデリア・オクムラさんでMEフルチューン+MEスーパースポーツスプリングを施工してありますが、チューニング後時間が経っておりますし、現状沈み込み過ぎるのでプリロードを少し上げたい、というリクエスト。

R9263009 のコピー

本日の集荷に間に合いました。納期は3週間程度のようです、、

R9263010 のコピー

これで本日の作業は取り敢えず終了。しかし、折角作業ツナギを着ていますので、今日はこのままW3のエンジンを分解したいと思います。

R9263011 のコピー

何処から着手しようか迷いましたが、まずは腰上を分解したいと思います。何処まで加工が必要か熟知しておく必要があります。

R9263013 のコピー

ボルトのアタマは兎も角、首下の部分はどのボルトも綺麗です。付随するワッシャーの傷みもほとんどありません。当店中古販売車両のW1SAよりも此方のエンジンの方が、O/H前の現状は良いと思います。W3だから、という訳では無いと思いますが、、

R9263014 のコピー

ロッカーボックスの裏側も比較的綺麗。ロッカーアームの動きもスムーズです。

R9263015 のコピー

シリンダーヘッド。バルブの固着はありません。

R9263016 のコピー

プライマリー側のピストントップに錆が落ちています。エンジン保管中にインテーク、もしくはエキゾースト側から水気が入ったのかもしれません。

R9263017 のコピー

R9263018 のコピー

シリンダーにはクロスハッチが残っています。錆の発生はありません。前回と同様に外観はパウダーコートを施す予定。

R9263019 のコピー

ピストンのスカートもご覧のとおり綺麗です。ただ純正ピストンは1.0mmO/Sが入っておりましたので、もう後がありません。

シリンダーを計測してみてからのハナシになりますが、1.0mmO/Sの国産ピストンを使い、シリンダーはホーニングと再クロスハッチで逃げるか、それともW1SAと同様に、シリンダースリーブを新品に打ち替え、STDピストンから始めるか悩みどころです。

R9263020 のコピー

水気が混入していたプライマリー側のピストンは1st/2ndリングが固着していました。W1SAの時もやはりプライマリー側が固着していたのですが、キックスタンドで傾いて下になる側ですので、何か因果関係があるのかもしれませんね。

R9263021 のコピー

腰上の分解が終わったので次はプライマリードライブ。ハーレーと構造は全く同じです。

R9263022 のコピー

「Wあるある」。クラッチハブのスタッドがズボッと根元から抜けました。

R9263023 のコピー

3本抜けてしまいましたが、まぁ予想したとおりです。ここは5本全てを溶接で修理します。クラッチはフツウに張り付いていました。

R9263024 のコピー

WシリーズはT/Mケース自体を前後に移動させて1次チェーンの張り具合を調整します。なんともクラシックです。

R9263026 のコピー

フロントのドライブスプロケットは純正よりも大きなものに交換しファイナルをHIGHに振りたいと思います。

R9263027 のコピー

で、T/Mをミッションハンガーごと外しました。T/Mは片手で楽に持てる程小さいです。馬鹿ほどデカいハーレーのT/Mと比べると"おもちゃ"みたいな大きさです。

R9263028 のコピー

今回、エンジン腰下までフルO/Hを予定しています。

R9263029 のコピー

ふー。取り敢えず一息。

設計の古い単車ですので何処も単純で簡単な仕組みになっています。これなら素人の方でも根気さえあればO/H出来ると思います。ここまでSSTは一切使っておりません。

R9263030 のコピー

続いてT/Mを分解します。機能上多分問題は無いとは思いましたが、ケース側のベアリングは半世紀近く経っている訳ですから、ここは新品に交換しておきたい。
まぁあとは"ソリッドコアMCW"のテルが、やはりW1SAのT/Mを割ってフルO/Hしていたので、密かに対抗してみました。アイツに負ける訳にはいかないので、、笑

W3だからなのかW1SAとは少し構造が違っています。W1SAも前期と後期があるのかもしれませんが、勉強不足です。

R9263031 のコピー

R9263032 のコピー

T/Mケースからギアボックスを外す準備が出来ました。

R9263033 のコピー

ギアボックスを外すとメイン、カウンターシャフト、チェンジドラムがようやく見えます。ギアボックス側の2個のベアリングを新品に交換します。

R9263034 のコピー

T/MユニットをT/Mケースから抜きました。やはりケース側の2個のベアリングも新品に交換します。

R9263035 のコピー

外したT/Mアッセンブリ。後ほど分解してチェックを行います。

R9263038 のコピー

分解するのは簡単ですが、ここから先、外した部品を綺麗にするのは本当に骨が折れる作業です。どこまで綺麗にするのか、というところも迷いどころです。

折角全バラするのだからバッキバキに綺麗にレストアしたい、とつい考えてしまうのですが、お金も時間も限りがありますので、何処かで"線引き"しないといけません。

R9263040 のコピー

ここまで分解してみて、このW3のエンジンはまぁ悪く無い状態だという事が分かってきました。

当初オリジナルには拘らないつもりでいましたが機関の状態を加味すると、やっぱりW3のオリジナル状態で仕上げるのも悪くはないかも、と思います。

もしもこの車両を誰かが買ってくれるのなら、今ならお望みの具合に仕上げられます。
何方かこのW3を買ってくれませんかねー???笑

R9263041 のコピー
関連記事

| Metric Bikes (JAPAN) | 02:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT