FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge.

2006 - 2020 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

TC96 FXRS キャブレター交換 / '89y FXRS T/M後期コンバート。

今日は常連さんらが集まり、終日賑やかな店内でした。

R9262752 のコピー


本日まずはクイック作業でTC96 FXRS。
HSRからFCRへの交換です。

R9262753 のコピー

R9262754 のコピー

このFXRSはハンドル回りを全て国産化してありますのでスロットルホルダーやスロットルケーブルも当然日本製のミリ規格。ですのでFCRに変更する方がより自然ですし、ほぼ無加工で装着が可能です。

FCR+S&Sステルスエアクリーナーの組み合わせ。当店では定番化しつつあります。

R9262755 のコピー

ジェッティングは2度ほどやり直しました。排気量がほぼ同じの車両と比べたとしても、個々のエンジンでコンプレッションや内圧の高さ、エアフローが異なります。ですからエボだからこのセッティング、ツインカムだからこのセッティング、なんてものは一切当て嵌まりませんし、そんなのはナンセンス以外の何者でも無い訳です。

新品FCRに交換すると走りが激変する事は勿論ですが、インジェクション車両のインジェクターのように混合気が細かく霧化されます。その為FCR交換後のエンジンは、ほとんどの車両でメカノイズが減り、振動も激変します。

但しこれはエンジン全てが健全な状態の車両で言える事ですので、エンジンがガタガタの車両でそうはなりません。ベストなキャブセッティングが出せていない車両でも当然同じです。

R9262756 のコピー

本日積車入庫したTC95 FXRSも検証したのですがこれはまた後日。

お客さんが引けた後、'89y FXRSに着手します。T/M、1次ドライブ回り全てとスターターを後期FXR仕様にコンバートする作業です。

まずはプライマリーオイルとT/Mオイルをドレン。どちらも汚れは少なく良い状態。

R9262757 のコピー

1989yモデルまでの前期クラッチユニット。クラッチ操作は重いしパワーを上げると滑るし、、当然VPクラッチも装着出来ません(対応品を開発している、との噂は聞いておりますが)。しかしながらT/Mメインシャフトがショベルヘッドまでのハーレーと同じ"テーパーシャフト+キー"ですので、流石に”時代遅れ感”は否めません。

R9262758 のコピー

で、どんどん分解します。
デルクロン製の強化インナープライマリーカバーに交換する予定ですのでアウターカバーも全て後期型に変わります。

R9262759 のコピー

R9262760 のコピー

インナープライマリーベアリングのレースはあっけなく簡単に抜けました。阿呆ほど固いのも難儀ですが、緩いのもそれはそれで問題です。

R9262763 のコピー

Fベルトプーリーの裏側まで漏れて吹き上げたT/Mオイルは見受けられません。

R9262764 のコピー

しかし、T/Mケースのメインドライブギアのオイルシールの下方にリークがあります。これ位の微妙な量の漏れだと、単純にオイルシールだけのハナシなのか、それともT/Mケース側の問題なのか、とても微妙なところとなります。

T/Mケース当たり面を綺麗に拭きあげてはいませんので、これが実際に滲んでいた量、という事になります。

R9262765 のコピー

パワーの弱い1989yまでのスターターもTC88と同じ後期型のスターターに交換します。後期スターターは既に強化ワンウェイクラッチに交換済みです。

R9262768 のコピー

レフトサイドの分解がほぼ完了しました。

R9262766 のコピー

続きます。

R9262767 のコピー
関連記事

| FXR | 22:40 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT