FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge.

2006 - 2020 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

定休日明けの雑務とW1SA。

昨日〜今日は良く晴れました。

R9262732 のコピー


昨日は午後からW1に乗って最後のナラシ走行を行っていたのですが、"毎年恒例"持病の首と腕の痛みがボチボチ再発してきたので小一時間で終了。これから寒くなるにつれ痛みが増すので憂鬱です。

R9262724 のコピー

R9262725 のコピー

当方のポンコツな身体とは裏腹に、W1SAは快調そのものです。

R9262726 のコピー

で、明けて本日。

まずはグリーンのT-man 98cu" FXRを納めさせて頂きました。遠方からのお引き取り誠に有難う御座いました。
で、今日中に発送しておきたい急ぎの加工部品が複数有った為、大急ぎで洗浄、梱包し発送しておきました。

ほっと一息つく間も無く部品がガンガン届きます。水曜は何故か届く荷物が多い、、
丁度一ヶ月前にオクムラさんに持ち込んでいた、'89y FXRの前後サスペンションが仕上がって参りました。

R9262727 のコピー

いつものように詳細な記録が同封されています。

R9262728 のコピー

R9262729 のコピー

R9262730 のコピー

R9262731 のコピー

リアショックはクワンタム製ですが、フロント同様にMEフルチューンを行い、内部仕様を一新しています。

R9262732 のコピー

他にもFXRやFXDで使う部品が届いています。

R9262735 のコピー

どれも全てFXRに装着するのですが、FCRボディ単体でのみ新品交換が2台、HSRからFCRに変更するものが1台。
今週〜来週でFXR3台分のFCRキャブレター交換作業を行います。

R9262738 のコピー

"曰く付き"、因縁のTC95 FXRSですが、またもや壊れてしまいました。

赤のロックタイト+規定トルクで締めていたにも関わらずこの結果です。使われていたこのボルトと、取付の構造に問題があったと思います。どこまで壊れており、どう修理するのか今のところ未定ですが、何はともあれオーナーさんに怪我が無くて本当に良かった、、今週末にも陸送業者さんによって当店入庫する予定です。

R9262736 のコピー

で、本日も作業はW1SAだけ。

大凡900km近く走破したので3度目のエンジンオイル交換です。いつものハーレーと同じ、300km走行毎にオイルはチェックして交換します。
100%鉱物油ですので劣化(酸化)して黒くはなっていますが、変な匂いもなくスラッジは全くありませんでした。調子が良いので当然と言えば当然です。

R9262733 のコピー

暖気後オイルタンクのオイルをドレンしますが、オイルが抜けたら一旦ドレンプラグを締め、スパークプラグを抜いて只管キックします。オイルタンクにリターンするオイルにエアーが噛み、戻るオイルの量が少なくなったらクランクケース側に溜まったオイルもほどほどに抜けています。この方法で300-500mlの残存オイルが抜けると思います。

エンジンオイルドレン後、もう一度エンジンを一瞬始動して残りのオイルを抜く、という"ツワモノ"もいらっしゃるようですが、非常に危険です。オイルタンク内目視でのリターン量で判断するか、ケース側ドレンパンを外して完璧に抜くかした方が良いと思います。

なお、前回と前々回は銘柄こそ違うものの100%鉱物油でしたが、今回は"本命"の半化学合成油となります。前回試したオイルもW1のエンジンと相性は良かったのですが、最後に今回の半鉱物油をテストしてみて、最終判断を下します。

R9262734 のコピー

フロントドラムブレーキのタッチがいまひとつ気に入りません。ブレーキドラムのリンケージを調整したり、W1SA専用の特殊なブレーキワイヤーを外しチェックして注油したり、、重箱の隅を突く作業。

R9262737 のコピー

まぁこんなもんですかねぇ、、

R9262739 のコピー

夜になって、中古で入手した"エラ張り"フロントパイプが届きました。マフラー単体では分かり難い為、試しに交換してみました。

此方がストックのフロントパイプです。

R9262740 のコピー

で、これが"エラ張り"フロントパイプ。確かにアールの位置が異なっており、パイプ自体も外側に張り出しています。その形状から"エラ張り"と呼ばれる所以です。

R9262741 のコピー

静岡でWシリーズの内燃機を手掛けていらっしゃる"U-CRANK"様が精度の良いレプリカパイプを販売されており、非常に興味があるのですが、まずは"エラ張り"パイプの実物を見てみたかった為、片側だけを入手してみました。

R9262742 のコピー
関連記事

| Metric Bikes (JAPAN) | 22:37 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT