FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge.

2006 - 2020 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

GSX-R1100改1200 パウダーコート色々。

GSX-Rで使用する部品のパウダーコートが仕上がって参りました。

R9262344.jpg


今回は3種類のパウダーコートを施しました。Fフォークダウンチューブは艶消し黒、ステムは艶有り黒、クラッチカバーはリンクルの黒です。同じ黒色でも表情はかなり変わりますよね。チタン製のボルトも入手してあったので取り敢えずクラッチカバーを装着してみましょう。

R9262345.jpg

クラッチカバーには3種類の長さのチタン製キャップボルトを使います。

R9262347.jpg

以前のGSF1200のアルミ地金の時と比べると全く雰囲気が変わりました。

R9262346.jpg

うーん、良い感じ。本当はパルサーカバーやスターターギアカバーもリンクルブラックで揃えたかったのですが、取り敢えず新品の部品だから綺麗だし、まぁ艶消しオリーブでも良いか、と此処は妥協。

R9262348.jpg

アンチノーズダイブキャンセラーの取り付けボルトはテーパーのキャップボルトにしました。これもチタンです。
ダウンチューブはクラシックレーサーらしさを醸し出す為、艶有りにはせずに敢えての艶消し黒。これで正解だったと思います。

R9262349.jpg

ステムのボルトは目立つところです。ここはフランジタイプの六角ボルトとキャップボルトを選択。当然チタンボルト。今日使ったボルトだけで軽~く2万円オーバー。完成までに一体幾ら使うのか、、考えるだけで怖くなります。笑

R9262350.jpg
関連記事

| Metric Bikes (JAPAN) | 17:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT