FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZUTOSHI "KAZ" MIZUTANI 

2006 - 2020 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'92y FXRS-CON 車体仕上げ。

久しぶりに今日は午前様。なかなかどうして苦戦しました。

R9261903 のコピー


FXRSで使う部品を待つ間に、TC103 FXRを少々。お馴染みデビアントFBのビュレットオイルパンです。

R9261876 のコピー

R9261877 のコピー

今回TC103 FXRではゴールドを使用します。レッドは販売中です。

R9261878 のコピー

こんなの付けたり。

R9261879 のコピー

昨日のキリコで汚れていた旋盤を掃除したり。

R9261880 のコピー

で、待っていたスペーサーカラーが届きました。当初付属していたものから3.5mm厚みを増しています。因みにこれはキャリパーサポートの外側に付くカラーになります。

R9261881 のコピー

意気揚々と装着してみたのですが、キャリパーセンターが全く出ていません、、

R9261883 のコピー

キャリパーセンターをチェックするにはキャリパーサポートは勿論の事、ブレーキキャリパー、キャリパーサポートのトルクロッドをセットし、アクスルシャフトを差し込んで、スイングアームのベルトテンショナーを張ってベルトラインを出し、アクスルナットを締め付けて、ようやくチェック出来ます。つまりは全て組み上げた状態にしないといけない訳です。
という事は、アクスルのスペーサーカラー長をチェックする毎に、この脱着ルーティーンを毎回毎回繰り返す訳です。結局のところキャリパーセンターを出す為に5時間も費やしています、、

鯔のつまり、キャリパーサポート内側に圧入してあるカラーも寸法が足りない、という事が分かりました。"クソ"以外の何者でもないです。

R9261884 のコピー

キャリパーサポートのボスがプラス公差であればアルミなので簡単に削れますし加工は至って簡単ですが、マイナスしているので、ホイール側のオイルシールにセットしてあるスチール製のホイールカラーの厚みを増して帳尻を合わせる他ありません。

R9261885 のコピー

という訳でアクスルシャフト・ベルト側の長いスペーサーを流用し、適正な長さのスペーサーを作ります。

R9261886 のコピー

削っては装着してみて、の繰り返し。カラー長が足りなくなり、結局2個削り出しました。
※これは余談ですが、エボまでの車両はホイールベアリングにティムケンのテーパーベアリングを使っています。テーパーベアリングではシムを使ってホイールボス幅を調整する訳ですが、それにより個々の車両で微妙にボス幅が変わります。よってキャリパーセンターを出す場合、本来個々の車両で微調整を行う必要性が高いです。
ツインカムになってからのシールドボールベアリングを採用している車両に比べると、遥かにエボは手間が掛かります。


R9261888 のコピー

ローターが右に寄ってますよね?アクスルシャフトのナットを締め付けないとセンターが出ているのですが、締め付けると画像のように片側に寄ってしまいます。

R9261889 のコピー

結局2.5mmもプラスさせてようやくセンター出しできました。外側+3.5mm、内側+2.5mmの合計6mmキャリパーサポートボスが薄かった事になります。そんな事ってあります??笑

R9261890 のコピー

バッチリセンターが出ました。当然シムは使っていません。

右側のスペーサーを弄るという事は、左側のスペーサーにも影響が出ます。でないとベルトラインやホイールセンターが狂ってしまいます。リアのキャリパーサポートを社外品に交換するという事は、なかなかどうして大変だったりします。
勿論最初からビシッと寸法が出ていてさえくれれば、完全ボルトオンで簡単なのですが。
もしこの記事をご覧頂いているのであれば、せめてFXR用の商品には反映して頂きたいものです。

R9261891 のコピー

精魂尽き果てました、、

R9261892 のコピー

が、まだ終わっていません。リアのブレーキラインを組みます。

R9261893 のコピー

ブレーキホースをどこを通すか迷いましたが、、スイングアームの上から下へ流しました。

R9261895 のコピー

R9261898 のコピー

ようやくジャッキから降りました。

R9261899 のコピー

R9261900 のコピー

これでようやくエンジンが始動出来るので火を入れてみました。ミクスチャー調整を行いましたが絞り切ってもエンジンストップしない。という訳でスロージェットを上げました。

R9261901 のコピー

明日テスト走行する予定なので足付きの良いシートに交換。笑 シートストッパーのボルト穴が無いので、リアフェンダーに傷が付かないよう、ゴム板とマスキングテープで固定。やたら貧乏臭いです、、

R9261902 のコピー

オーナーさんに一応出来上がったと連絡を入れると、リアブレーキペダルを下げたいけれど、下げるとマフラーに干渉する、との事。"ダメ出し"のペダル加工です。涙

知っている方は知っていますが、FXRのブレーキペダルとブレーキマスターに繋がるロッドの接続には圧入されたピンで繋がっています。この嵌め合いがとてもキツイし、オマケにこのピンは裏側から割りピンで抜け防止がされているので外し難いったらありゃしない、、マフラーを外せば良いのですが、そんな事でマフラー脱着も面倒ですから、クダラナイ苦労をして外す訳です。

R9261904 のコピー

で、サンダーでぶった切り、ささっと整形。

R9261905 のコピー

転がっていたシャシーブラックのスプレーで塗ってみましたが、気泡が入ってブツブツに。当方はつい厚塗りしてしまうので毎回失敗します。塗装は自分には向いてません。笑

R9261906 のコピー

シャシーブラックはシンナーで落とし、再度タッチペンで筆塗り。まぁお世辞にも綺麗とは言えません。気になるようなら再度パウダーコートして下さい。

R9261908 のコピー

そんな訳で、今日は疲れました。
関連記事

| FXR | 01:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT