FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge.

2006 - 2020 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'91y FXR シフトの不具合修理。

今年も空梅雨なのでしょうか?
雨が降らないと山や谷はマズイ事になってしまいます。

R9261377 のコピー


昨日オーナーさんにご来店頂いて現状を把握してもらい、修理続投のご依頼をお受けしましたので本日は'91y FXRを作業します。

R9261378 のコピー

実際のところ他店様の作業に文句は言いたくないのですが、当店で仕事を任された以上現況をオーナー様に伝える義務が御座います。よって事実だけを淡々と記事にしていきたいと思います。

R9261380 のコピー

T/Mを作業する際マフラーを外すのですが、点火ユニットのハーネスとクラッチケーブルがマフラーに当たってしまっており、クラッチケーブルは皮膜が溶けてそこからT/Mオイルが漏れている状態でした。この辺りも組み付け時に対応します。

R9261381 のコピー

まずはT/Mトップカバーを開けます。

R9261382 のコピー

シフトが入り難かった為に無理しなければシフトチェンジ出来なかったと思います。よってニュートラルスイッチの接点もこの通りガタガタに削れてしまっています。通常はボール形状になっています。こんなのは初めて見ました。

R9261386 のコピー

シフタードラムを外す前にジャッキアップしてシフトの確認を行いましたが、やはりエンジンが始動していないと問題なくシフト操作が出来ました。

R9261387 のコピー

この時点で実はクラッチが怪しいのでは、と思い始めたのですが、取り敢えず熱で溶けたクラッチケーブルは交換する必要があった為、T/Mサイドカバーを外しました。

R9261388 のコピー

R9261389 のコピー

シフターフォークは絶対に確認しておきたかったので外しました。

R9261391 のコピー

R9261392 のコピー

R9261393 のコピー

R9261394 のコピー

各シフターフォークやギアのドックに強いアタリが見受けられますが、シフト出来なくなるような曲りや破損ではありません。シフターフォークは交換したいところでしたが、曲がりが無いので続投致します。

R9261395 のコピー

T/Mアセンブリーの組み方に特に問題は無いと判断し、疑うべきはクラッチユニットだと確信しました。で、もう一度1次ドライブを分解しチェックをします。

R9261396 のコピー

R9261397 のコピー

この車両にはVPクラッチと社外の強化クラッチプレートが組んでありました。クラッチハブのベアリングを交換する際、VPクラッチを組み込む時に留める純正のCリングが異常に組み難かった事に違和感を持っておりました。
実際、このように油圧プレスで強く押さないとCリングが外せない程クリアランスがありません。
しかし、オーナーさんはこの状態で乗っていた、という事も聞いていた為、疑う事なくそのまま組んでおりました。

R9261398 のコピー

ぱっと見た感じでは何処にも問題はないような気もする為、ストックのクラッチバスケットASSYと比べます。

R9261399 のコピー

クラッチとスチールプレートの合計値を計測。純正クラッチの場合がこちらで、

R9261400 のコピー

装着してあった社外クラッチがこちら。かなり厚みが違いますよね?これが今回シフト出来なくなった理由です。

R9261401 のコピー

こちらが純正クラッチでバスケットにセットしてみた状態。

R9261402 のコピー

こっちが社外で組んでみた状態。大雑把に言えばフリクションプレート一枚分近く厚くなっている事になります。勿論クラッチ、スチールプレートの枚数は同じです。

R9261403 のコピー

つまり、この年式のクラッチユニットの場合、ストックとほぼ同じ厚みのクラッチ板を使わずにVPクラッチを併用してしまうと、VPが押された状態(というのかな、、説明が難しいのです。)になってしまいます。

それでもVPを組み込んでいるので停止時はクラッチ操作は軽いので問題に気がつく事はありません。しかし、エンジンを始動すると、それだけで遠心力が働きますのでVPは押した状態になる為、シフトが抜けなくなるという訳です。
この年式以降のTC88のクラッチになってからは根本的な構造が違う為、VPと社外クラッチを組み合わせてもシムを使ってオフセット調整が出来るので多分問題は起きません。

VPを取り付けしたショップがこの事を知らずに組み付け、それ以後オーナーさんは非常に厄介な調整を逐一行わなければならなかったでしょうし、そもそもクラッチバスケットがグラグラに揺れていたお陰で、シフト出来ていた"だけ"だったと思います。


クラッチバスケット側のスプラインも傷んでしまっていた為、この際別の中古バスケット一式に交換しました。
クラッチプレートも純正に戻した上で、VPを装着して組み直しました。これで多分大丈夫な筈。

R9261405 のコピー

各部を組み直す前にやっておかなきゃならない事があります。マフラーに干渉していたIGユニットのハーネスを右側ステップの内側に通し直します。

R9261404 のコピー

何処も彼処も整備された形跡は微塵も無く、、なんでこんな適当な作業をするのか本当にハラワタが煮え繰り返る思いです。

R9261406 のコピー

ハーネスを通す位置を変える為にRブレーキペダルやオイルラインを外しました。序でに洗浄して各部グリスアップとロックタイト塗付。
因みに。今日当方が新たに触ったところ全て、ロックタイトは塗ってありませんでした。
"クズショップあるある"です。

R9261407 のコピー

クラッチケーブルはダメでしたので交換しました。ここも使えそうな中古を流用しています。

R9261408 のコピー

T/Mリカバリー完了。T/Mサイドカバーボルトは社外のメッキ品だった為、純正ボルトに交換しています。

R9261409 のコピー

マフラーはそもそもFXR用のサンダーヘッダーでは無いと思います。スペーサーカラーで5ミリ外側にオフセットさせ、なんとかクラッチケーブルに干渉しない位置で固定。念の為、マフラー、もしくはクラッチケーブルに耐熱バンテージを巻いておく事をお勧めします。

R9261411 のコピー

ここまで来たら動作を確認しておきたい、という事でT/Mオイルとプライマリーオイルを入れてエンジン始動。

R9261412 のコピー

今日のところは店内で動作確認したのみでしたが、シフトの操作感はバッチリ直りました。クラッチケーブルの調整ネジの張り具合も適正に戻っています。あとは実走でチェックするだけですが、多分リカバリー出来たと思います。
T/M入れ替えにならなくて本当に良かったと思います。

R9261413 のコピー

という訳で、明日晴れた場合、臨時営業となりますので宜しくです。
関連記事

| FXR | 21:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT