FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge.

2006 - 2020 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

TC95 FXRS 1次ドライブの検証。

お次はTC95 FXRSです。

R9261235 のコピー


まずはミッドコントロール用に加工を終えたTC88 FLHRのインナープライマリーにベアリングやオイルシールを組みます。

R9261236 のコピー

今回社外の強化品は使わずにH-D純正を使用しています。

R9261237 のコピー

T/Mメインシャフトのベアリングレースも当然新品に。

R9261238 のコピー

貫通ミッド加工してあるのでシフターチューブをセットします。これでエンジン、T/M、インナープライマリーカバーまで全てTC88化されました。

R9261239 のコピー

さて、ここからが本番。当然全てをTC88化しているのでTC88ツーリングモデルのプライマリーパーツ一式を揃えればあまり苦労する事もなくほぼボルトオンなのですが、今回は"一応"後期エボFXRのパーツを流用しようか?というハナシになっており、レトロフィットさせる必要があります。まず真っ先に違うのはスタータージャックシャフトやスターターピニオンギア。ここの互換性は一切ありません。

R9261240 のコピー

上が後期エボ用。下がTC88前期のものです。歯数は細かくなり、シャフトボス径も小さくなります。

R9261241 のコピー

それを上手く使うにはレトロフィットギアというものが各年式毎に細かくリリースされております。当店でも複数在庫しておりますが、プリモ製のギアはなかなか高価です。まぁギアの類はなんでも高価ですけどね。

R9261242 のコピー

R9261243 のコピー

これがレトロフィットギアを使ってエボ後期のクラッチバスケットに組み合わせた図。ピニオンギアもスターターリングギアも粗いのが古いモデルの特徴。

R9261244 のコピー

で、こちらがTC88のピニオンギアとクラッチバスケットを組んだ絵面。スターターリングギアのオフセット位置は全く同じですが、プライマリーチェーンギアの歯数が何故だか1Tだけ違います。

スターターギアの歯数が見直され、適正化されていますのでエボに比べスタート時のバッテリーの負荷は減少している筈です。ツインカムの車両がほぼほぼ何も問題が起こらないのは、細部に渡って大きく改良されているからです。

ですからFXRよりもTC88ダイナの方が数倍信頼度は高く、壊れ難い、とういう事になります。
何故に皆んな古くて、オンボロで、でも高価なFXRを選んでしまうのか、当方にはさっぱり理解出来ません。笑

R9261245 のコピー

しかしながら、こういったTC88の性能の良い部品をFXRでアップデートする、という事が出来るので便利と言えば便利です。但し、パーツの互換性に関して細かな情報なんてものはまずありませんので、試行錯誤で試すほか方法は無い訳です。
当店の場合は豊富な純正中古部品と、これまでの経験値がありますのでどうにかやっておりますが、、

R9261246 のコピー

R9261247 のコピー

しかし、どう見てもこれは古い、、、折角T/Mケース毎TC88に変えているので、ここは全てをTC88にする事にします。オーナーさんの使い方や使い勝手を考えれば尚の事アップデートすべきだと思います。

R9261248 のコピー

そうと決まればあとはひたすら組むばかり。車体完成まで一気に進みたいと思っています。

R9261249 のコピー
関連記事

| FXR on T/C | 22:17 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT