FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZUTOSHI "KAZ" MIZUTANI 

2006 - 2020 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'91y FXR 続き。

写真が多くなったので2つの記事に分けます。

R9261223 のコピー


まずはエボFXRから。アウタープライマリーカバーを本組みしたので、スパークプラグを抜いてクランキングし、ケース内に落ちているオイルをタンクへと戻します。その時点でブリザーからオイルが漏れています。

R9261224 のコピー

スパークプラグをセットして始動しようと試みましたが、全く駄目。バッテリー電圧が低いです。充電しておくべきでした。

R9261225 のコピー

仕方ないのでチャージャーでジャンプしてエンジンスタート。

R9261226 のコピー

まぁすると出るわ出るわのブリザーオイル、、、

R9261227 のコピー

最初T/Mトップカバー辺りからオイルが出てきたので????だったのですが、よく見るとケースブリザーのホースが何故かT/Mブリザーホースに繋げてあり(!)それが内圧で抜けたという。もう笑うしかない、、冗談かなんかですかね、コレ。

R9261228 のコピー

エンジンオイルがT/M内部に流入している可能性があるのでT/Mをチェック。レベルゲージにオイルが着かない。

R9261229 のコピー

ドレンしてみるとピンクのオイルが出てきました。どうやらオイルは入っていたみたいで一安心。

R9261230 のコピー

ケースブリザーホースを継ぎ足し、後ろに取り回して大気解放にしました。ストックの場合は純正エアクリーナーに戻しています。

R9261231 のコピー

T/Mオイルを規定量入れ直します。

R9261232 のコピー

するとダイナSのハーネスがマフラーにモロ干渉しているという事に気がつきました。ここも直しておかないと。

R9261233 のコピー

プライマリーチェーンとクラッチの調整をしたにも関わらず、エンジンを始動するとシフトが嫌になる程渋い。何処からか、あまり聞いたことのない異音も終始出ています。取り敢えず、まずは一晩バッテリーを充電してから、となりますが、何だか止まりそうで怖いですねーこの車両。(実際これまで何度も壊れて止まった事があるそうです。。)

R9261234 のコピー

オーナーさんは当然しっかり直したい、との事なのですが、完治させるには長期戦になりそうです。
関連記事

| FXR | 21:46 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT