FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge.

2006 - 2020 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'71y W1SA フロントエンド分解〜其の弐。

老人の如く、ゆっくり動きながら作業をしています、、

R9260728 のコピー


今日も暑い1日でした。まだ右足だけで立つ事は出来ませんが、両足でなら比較的長い時間立っていられます。
で、本日もW1SAの続き。まずはフロントタイヤの交換から。タイヤを外したらリム内側の錆をワイヤーブラシで落とします。

R9260729 のコピー

ドラムブレーキ内部のブレーキダストはガソリンで洗浄。この車両は保管時の錆防止の為だと思われるのですが、車体全体にオイルのようなものが噴霧されています。よって、何処も彼処もオイル塗れでツルツル滑る為、全てのパーツは一度ガソリンスチームで脱油する必要があります。

R9260730 のコピー

古い車両は今時の車両に比べると非常に手間が掛かります、、ま、半世紀近く前の車両ですから致し方なし。

R9260731 のコピー

タイヤはBSアコレイド。当然ですがリムバンドもチューブも新品に交換しています。

R9260732 のコピー

シリンダーヘッドも加工から仕上がって参りました。

やはりヘッドは歪んでおりましたので平面研磨致しました。バルブガイドはカジっていた為新規製作し打ち替え+リーマー通し、バルブ研磨にバルブシートカット、バルブシールはスズキの軽自動車用を流用出来るようにバルブガイドの形状を変更しています。よってヘッドはフルオーバーホールした事になります。

R9260733 のコピー

打ち替えたバルブガイドが見えます。

R9260734 のコピー

以前はヘッドを定盤の上に載せると微細なガタつきがあったのですが、面研でバッチリ無くなっています。圧縮漏れはヘッドの歪みだった可能性が高いですね。

R9260735 のコピー

R9260736 のコピー

お次はフロントサスペンションです。

W1のサスペンションはアウターチューブの上部がネジ式のロックリング("フォークアウターチューブナット"と呼ぶようです)になっており、ここを外す事によってインナーパイプが外れます。サスが車体にセットしてある状態の方が分解し易いのですが、すっかり忘れていたので今更こんな方法で回します。なかなか硬かったのですが、アウターチューブナットをバーナーで炙ったら比較的簡単に回す事が出来ました。

R9260739 のコピー

フォークオイルは綺麗でした。オイルは10年前のレストア時に入れ替えてあったようですねー。

R9260740 のコピー

古典的なピストンスライド式サスペンション。この後の"W3"からは広く一般的なチェリアーニ式に変更されています。

R9260741 のコピー

R9260738 のコピー

ペースが遅いですが、、続きます。

R9260737 のコピー
関連記事

| Metric Bikes (JAPAN) | 18:08 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT