FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZUTOSHI "KAZ" MIZUTANI 

2006 - 2020 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

TC95 FXRS / TC96 FXRS-SP。

季節相応に寒い1日でした。

R9259748 のコピー


昨日エンジン始動を行なったTC95 FXRSは走らせる為の準備を行いました。エンジンオイルを継ぎ足し、プライマリーオイルを入れ点火時期を調整。

R9259750 のコピー

ジャッキアップしたままシフトのチェックを行いました。内部を全てTC88にコンバートしているのでエボの5速とは雲泥のシフトフィール。軽くてしっかりした操作感は中空シフタードラムが効いていると思います。

R9259749 のコピー

続いてTC96 FXRS。T/Mケースからドライブギアとメインベアリングを抜いておきたいと思います。

R9259751 のコピー

ここからはSSTのオンパレード。特殊工具無くしては作業出来ません。

R9259752 のコピー

メインドライブギアはケース内側に抜き取ります。メインベアリングの内側レース部分とボールベアリング+ハウジングが一緒に抜けてくるのが正解。ベアリングは破壊して抜き取るという事になります。

しかし、負荷のかかるメインベアリングのケージがプラスチック製というのもなんだかなぁ〜という感じ。このベアリングは専用設計ですので日本製のベアリングで代用する事は出来ません。

R9259753 のコピー

次にメインベアリングを外します。巨大なCクリップを外してからT/Mケースの外側に抜き取ります。

R9259754 のコピー

ここも当然SSTを使いますが、ベアリングとケースの"嵌め合い"は非常に緩く、簡単に抜けてきます。

R9259755 のコピー

R9259756 のコピー

R9259757 のコピー

メインドライブギア側にベアリングレースが残るのでここもSSTで外します。
専用SSTがあるのかもしれませんが当方は持っていない為、フライホイール用のティムケンBBレースリムーバーを代用して外しています。以前もこの方法で行なっています。

R9259758 のコピー

R9259759 のコピー

抜き取ったレースをメインベアリングに組み直してみました。正直このベアリングが"癌"だったりします。ですのでBAKERはティムケン・テーパーBBにごっそりコンバートしてしまう専用キットを販売している位です。

R9259760 のコピー

メインドライブギア内部のニードルベアリングは特に問題無かったのですが、壊れたという症例を何軒か聞いておりますので"保険"で交換しておきます。

R9259761 のコピー

TC88までの5速と違い、ベアリングとベアリングの間にメインシャフトスペーサーが入っています。シャフト径自体が異なりますので5速と6速では共通部分は一切ありません。

R9259762 のコピー

さて、全ての分解を済ませました。あとは部品が届いたら組み上げるばかりです。

R9259763 のコピー

続きます。
関連記事

| FXR on T/C | 18:54 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT