FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZUTOSHI "KAZ" MIZUTANI 

2006 - 2020 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'88y FXRS T/Mコンバート〜其の壱。

夕方から嵐のような雨が降りました。

R9259648 のコピー


R9259649 のコピー

R9259650 のコピー

R9259651 のコピー

オイルは全て綺麗でした。インナープライマリーボルトのロックタブは新品に交換されているのか、それとも一度も触られていないのかどちらか。多分一度も手を入れられていないと思います。

R9259652 のコピー

R9259653 のコピー

いつもは苦労するこの年式の2分割式ピポットシャフトも、簡単に抜くことが出来ました。やはり程度は上々です。

R9259655 のコピー

R9259656 のコピー

T/Mが降りました。ここまでぶっ飛ばして3時間。

R9259657 のコピー

因みにオイルフィルターがT/Mケース下部にぶら下がっている初期型FXRではジャッキは使わずにリジットラックを使います。リジットラックだとフレームの下側に手が入る為、オイルライン回りの作業がやり易くなります。

R9259660 のコピー

オイルクーラーは外してしまい、エンジン下側から回り込んだオイルラインも撤去。

R9259662 のコピー

点火はストック。多分一度も交換されていません。

R9259663 のコピー

Rブレーキマスターがメッキボディの社外品に変わっているのが分かります。という事は長く止まっていた可能性が高い、という事になります。しかし、1987年モデルでもこの後期の丸いブレーキマスターのフレームがあったんですねぇ。普通はこの年式だと四角いマスターを装着するフレームになっている事が多いと思います。

R9259664 のコピー

唯一ヤバかったのがステーターコイルの取り付けボルト。レギュレターとステーターが社外品に交換されている事は直ぐに分かったのですが、この作業を行ったショップ?さんは何故か作業したボルトは全て赤のロックタイトで組んであった為、恐ろしく固着しており折れるんじゃないかと冷や汗モノでした、、

R9259665 のコピー

ここは折れると最悪なので、当方は多めの青のロックタイトで組んでいます。赤はマズイと思います。

R9259666 のコピー

ステーターも限界でしたね。

R9259667 のコピー

R9259668 のコピー

ガソリン洗浄でビカビカに、という訳にはいきませんが、出来る限り汚れは落としました。フレームの程度の良さがお分かり頂けるかと思います。

R9259669 のコピー

ケースブリザーのL型フィッティングはいつものように200度時計回りにねじ込んで出口方向を変えました。

R9259670 のコピー

今日の目標はT/Mを下ろすところまででしたが、まだ時間があったので後期T/Mを搭載。

R9259671 のコピー

オイルラインは一部配管をやり直さなければなりません。

R9259672 のコピー

スイングアームまで仮組み出来ました。これからインナープライマリーをセットして、エンジン〜T/Mのセンタリングを行います。ここまでで5時間、たっぷり時間が掛かりました。

R9259673 のコピー

続きます。
関連記事

| FXR | 21:32 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT