MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

2006 - 2018 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'03y FXDL作業その③

今日はスイングアームを取り付け、外装にも着手します。

R0015002.jpg


まずはスイングアームの取り付け。全体のバランスを確認する為一度リアタイヤを装着してみます。AFAMのRスプロケットは欠品中で未だ手配できてません。

スイングアームはノーマルに比べ2インチオーバーで作ってますが、スイングアーム・ピポットからRショック・ロアマウントまでの距離はストックと同じです。丁度エキセントリックアジャスター分だけ伸びている感じなのですが、視覚的にはかなり長く見えます。
Rショック・ロアマウントからリア・アクスルまでの距離が長くなっているので、ショックのプリロードを上げて今までと同等の乗り心地と車高を保ちます。

R0015010.jpg

しかしながらノーマルのハンドル回りでは全体像が掴めないので、序でにハンドルコントロールも交換します。配線は中通しとし、ステンレス製ライザー以外は全てHOT-DOCKさんのパーツを使用。配線中通し用の穴はNCで加工しています。

R0015011.jpg

R0015012.jpg

R0015013.jpg

リアフェンダー取付位置と取付角度は、なかなかどうして難しい訳ですが、少しテールの上がった感じが良いのかなぁなんて思っています。
ロンスイ化するとフェンダーストラットが後ろにいくに従って垂れ下がってみえてしまう事が多々あるのですが、今回の車両はローダウンは全く行わないので、それほどおかしくもないかと思っています。

シートはロンスイ化に従い全く形状が変わってしまう為、ワンオフでの製作となります。

※因みに去年からお預かりしている'88yFXRに関しましても、この車両とほぼ同じ外装、同じハンドコントロールにて製作します。
こちらの車両ではブレンボ・キャリパーを使用しますが、FXRは前後共APロッキードとなります。


R0015015.jpg

R0015017.jpg
関連記事

| Big Twin | 21:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT