FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

2006 - 2019 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'00y FXR4 / '89y FXR / TC88改95 FXRS。

3台のFXRで午前様、、でした。

R9256195 のコピー


本日まずはFXR4。ピストンを入れ替えて初のテスト走行です。

R9256193 のコピー

R9256194 のコピー

給油してから店の回りを何度も走ってチェックします。クラッチのキレが悪かったので再調整。丁度2000rpmでのみ車体に振動が出ていますが他は特に問題無し。2000rpmで振動が出ても、その瞬間にクラッチを握ると一瞬で消えます。

R9256196 のコピー

これは多分エンジンがどうこうではなく、物理的にキャブレターがガソリンタンクに干渉しているだけのような気がします。HSRのままでいくならインマニをH-D純正に戻さなくてはなりませんし、このままエーデルブロック製のマニを使うのなら、キャブをEやGキャブに交換する必要があります。

本日オーナーさんにご来店頂き、やはり店の回りを乗って頂きました。振動が出るのを確認して頂きましたので、まずはキャブ交換してみたいと思っています。

R9256197 のコピー

続いて'89y FXRです。オイルタンクをセットしてオイルラインを配管します。ドレンホースは柔らか目の国産ホースを使用。

R9256198 のコピー

一旦タンクを借り組みしておきオイルホースの長さを確認。

R9256199 のコピー

ホース長を確認したらオイルタンクを外し、タンク単体でホースバンドを装着します。

R9256200 のコピー

オイルタンクをセットしてしまう前にリターンのホースをカシメておきます。

R9256201 のコピー

ペイントが中途半端に剥げていたセルスターターですが、洗浄してほぼペイントが剥がれました。

R9256202 のコピー

オイルホースの配管完了。

R9256203 のコピー

細かな部分も地味〜にクリーニングしながら進めます。

R9256205 のコピー

そうこうしているとTC95 FXRSで使うスターターブッシングが届きました。早速取り付けしましょう。今回部品はイースタン製のものを使います。

R9256206 のコピー

バッチリです。

R9256207 のコピー

1次ドライブを組む準備が整いましたので進めます。

R9256208 のコピー

R9256209 のコピー

装着したTP017ですが、大袈裟ではなく指一本でクラッチが切れます。これ本当に凄いです。

R9256210 のコピー

TP017はダービースペーサーを使わずとも、ストックのまま装着が可能。以前のモデルに比べて大幅に進化しています。

R9256212 のコピー

ざざーっと組みました。

R9256213 のコピー

取り敢えずエンジンオイルとT/Mオイルを注入し、シフトチェックを行いたかったのでエンジンを始動してみたのですが一切かかる気配が無い。バッテリー電圧が弱かったのでジャンプさせてみても同じ結果に。

R9256215 のコピー

バッテリーは勿論の事、IGモジュール、スターターギアなどありとあらゆる事を試しましたが、火は飛ぶし、スパークプラグを抜いてのクランキングは問題なく出来ていた為、最終的には画像のようにプラグホールから圧縮を抜きつつ火花を飛ばすという裏技を使いエンジンを始動。コンプレッションリリースさえ付いていればもう少し早く原因が究明出来たのですが、、ま、原因は分かったので週明けにも部品を手配したいと思います。

R9256216 のコピー

R9256214 のコピー
関連記事

| FXR | 00:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT