FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

2006 - 2019 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'89y FXR / '00y FXR4。

時頼小雨のパラつく1日でした。

R9255560 のコピー


まずはFXRローライダーから。

オリジナルペイントの程度の良い車両に限って、外装に水滴が付くと白濁し、拭き取ってもしばらくその跡が残る事が多々あります。クリアがダメなのかと思っていたのですが、本日"ブロズカスタムペイントショップ"さんにお越し頂き実際に見て頂きました。

検証して頂いたところ、クリアが侵されているのでは無く、古いワックス分が残っているのでは?という事でした。
ワックス分を完全に除去するのは至難の技ですが、一度やってみましょう、という事になり取り敢えずガソリンタンクだけをお預かりして頂きました。
どのような結果になるかは、また後日報告致します。

R9255542 のコピー

で、ピストンとシリンダーを外注さんへ発送する為、クリーニングして準備を整えます。

R9255544 のコピー

ピストントップに付着したカーボンはサラサラに乾いた非常に良好なものでして、スクレーパーで簡単に除去出来る程度でした。よって現在のピストン-シリンダーの公差も踏まえた上で今回ブラストは行わず。

R9255546 のコピー

R9255547 のコピー

R9255548 のコピー

R9255549 のコピー

ピストンは関東のコーティング業者様へ、シリンダーはパウダーコート業者様へ。本日の集荷に間に合いました。ふー、これでひと段落。

R9255550 のコピー

続いてFXR4。本日届いた部品でオイルポンプ回りを組みます。

R9255551 のコピー

完全に分解して内部のOリングやオイルシールを交換。

R9255552 のコピー

R9255553 のコピー

R9255554 のコピー

ポンプを組み上げ、まずは単体でクルクルとシャフトを回します。なんだかちょっと引っ掛かるような、重いような気がします。

R9255555 のコピー

で、S&S製の新品オイルポンプと交互に回し比べ。当然新品ポンプの方がスムーズに回るのですが、まずはケースにセットしてみて可否の判断を行います。

R9255556 のコピー

いつものようにアルミ製のダミーカラーでポンプボディだけをセット。

R9255557 のコピー

R9255558 のコピー

オイルポンプのドライブギアをセットしてセンタリングを行います。親指でクルクルと回しながら、最も軽く回る位置を探します。この時点で特別問題になるような症状はありません。

R9255559 のコピー

ポンプボディの締め付けボルトのトルクはとても低いのはご存知の通りかと思いますが、締める順番でシャフトの廻り易さがはっきりと変わります。ですので何度も閉めたり緩めたり、順序を変えて何度も何度も懲りずにトライします。オイルポンプガスケットを傷つけてしまっても本末転倒ですし、腰下の作業では最も注意が必要な箇所かと思います。

R9255561 のコピー

オイルポンプのセットも終わりましたのでオイルポンプのピニオンシャフトギアとピニオンギアをセット。

R9255562 のコピー

ピニオンギアのナットは当然新品に交換。

R9255563 のコピー

R9255564 のコピー

早く車体に搭載してしまいたいところですが、、慌てずジックリ進めます。

R9255565 のコピー
関連記事

| FXR | 22:28 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT