FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

2006 - 2019 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Indian Chieftain "Bonneville SPL Exhaust" progress.

インディアン・チーフテン用"ボンネビル・スペシャル"ワンオフマフラーの進捗状況です。

DSC_1604 のコピー


チーフテンにはエキゾーストフランジ部分を隠すフィンカバーが付いています。そのカバーを生かす為、出口をテーパー形状にしています。

DSC_1593 のコピー

ですのでストックのカバーが装着出来ます。ここはサイドバルブのようなエンジン造形を再現する意味でも非常に重要なので一手間掛けています。

DSC_1591 のコピー

DSC_1590 のコピー

リアパイプは極力エンジン側に近づけて右足に当たらないよう配慮。この後ヒートガードもセットします。

DSC_1594 のコピー

今回マフラーを製作するにあたり、サドルバックをどう支えるかがまず問題でした。マフラーデザインは2イン1のショート管にしましたので、サドルバックステーはマフラーと別に新設しています。
因みにノーマルはサイレンサー本体でバックを支えるという、かなり強引な事になっています。

DSC_1595 のコピー

サイレンサーはこれ位の長さにセットします。市販のボンネビルSPLマフラー同様、印籠継ぎでスプリング引きとなります。

DSC_1596 のコピー

エンドは排気がサドルバックにかからないよう曲げています。

DSC_1597 のコピー

DSC_1598 のコピー

車両持ち込みの"現物合わせ"によるワンオフ製作ですので、マフラーを通す位置はかなりタイトに攻め込んでいます。それでいて整備性は抜群なよう作り込んであるのは流石はWK!様の仕事です。

DSC_1599 のコピー

DSC_1600 のコピー

現状ではまだ内部のサイレンサー部分が入っておりません。ワンオフの場合、サイレンサーの太さは勿論、長さやインナーの口径、テーパーの有無など、ありとあらゆるオーダーが可能。ただし音質は既存のボンネビルSPLとなるべく同じようになるよう、構造やインナーに使う材質(これは当店がベストな音質になるよう独自開発したものです)は変えておりません。

DSC_1601 のコピー

DSC_1602 のコピー

DSC_1603 のコピー

このように現車持ち込みの場合に限り、どのような車両のものでも製作する事が可能です。
当然定価設定というものはありませんが、大凡見積もりする事は可能です。※当たり前ですが、当店の量産ボンネビルSPLよりは高くなります。

関連記事

| Bonneville SPL | 21:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT