FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

2006 - 2019 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

TC88改95 FXRS-SP 配線引き直し〜その壱。

今日は首や腕が痛くて辛い1日でした。

R9252727 のコピー


他店様が作業した配線を当店流にやり直しします。

R9252728 のコピー

素人さんでもプロでもこのギボシ端子を使う方が多いのですが、経年で緩くなってきますし何より端子部分が大きいので見た目が最悪です。当方はまず使用しません。

R9252729 のコピー

ストックTC88エンジンに油温計は必要無いので撤去します。勿論装着してあっても問題無いのですが、走行中に油温ばかり気になってしまい、精神衛生上よろしくないという理由もあります。何よりハーネスを一本でも少なくする事の方が重要だと思います。

R9252730 のコピー

バッテリー直のヘッドライトキットが装着されています。これは残しました。

R9252731 のコピー

純正ハーネス以外でフレームバックボーンを沿わせるのはタコメーターとヘッドライトキットのハーネスのみ。FXRはガソリンタンクのトンネル部分が極端に細いうえ、フューエルバイパスホースのニップルがタンク脱着の際引っかかってしまうので出来るだけハーネスを細く、シンプルに仕上げたいところ。

R9252732 のコピー

R9252733 のコピー

これだけの配線や備品を外しました。理に適った改造も見受けられますが、発電系や点火のフルTC化によって、エボ時代に比べはるかに信頼性は上がるので外しました。当店のFXLRはボンネビルで何度も塩まみれになっていますが、今も全く問題ありません。

R9252734 のコピー

続いて発電系のハーネスを纏めます。まずはTC-FLから流用したハーネスから純正コネクターを外します。

R9252735 のコピー

耐熱チューブの端面は解れてボサボサになってしまいます。これは致し方なし。

R9252736 のコピー

で、粘着性の熱収縮チューブを通してヒートガンで炙り固定します。これは通常の収縮チューブと異なり、熱を加えると内側の糊が溶け出し、強固に固着しますので抜けてしまう事は絶対にありません。

R9252737 のコピー

右ステップマウント内側に沿わせる部分には補強としてやはりチューブを被せます。溶着後はかなり硬くなる為曲がる部分に使う事には適しておりません。

R9252738 のコピー

最小限のタイラップでフレームダウンチューブに固定。レギュレターの+ー、CPSの2本、それに油圧センサーの1本の合計5本を一纏めにしました。

R9252739 のコピー

CPSのハーネスです。ここは絶対に外れてはいけない部分ですので圧着パイプで結線します。ハンダ付け+熱収縮チューブは熱がかかると焦げて外れてしまう箇所もあるので、当方はあまり使いません。
IGコイル回りの場合、圧着パイプ+更にハンダを流し込んで仕上げますが、ボンネビルで3分程全開走行を行うと溶けているのを見た事があります。

R9252740 のコピー

細めですが肉厚の耐熱チューブを被せて仕上げます。

R9252741 のコピー

無理なく自然な取り回しに神経を注ぎます。行き場所が無くなったホーンとレギュレターのボディアースは、バッテリートレー底部の純正ホーン取り付け穴を拡大加工してマウントしました。外からは全く見えなくなるのでスッキリします。

R9252742 のコピー

車体右側が仕上がりました。
配線作業は結線の仕方や纏め方に個人差がありますが、配線の取り回しは"センス"が全てだと思っています。
自分のやり方が良いのか悪いのかは別として、当方には当方が今まで経験したトラブルを回避すべく、何重にも保険をかけて作業を行なっているつもりです。ラバーマウントエンジン車の場合、エンジン自体が揺れますので適度な弛みが絶対に必要なワケで、美しい弛ませ方こそ"究極の拘り"だと思っています。

R9252743 のコピー

あとはIGコイルのステーを作ったり、コイル回りのコネクターを待つばかりです。

R9252744 のコピー

閉店後、店内にCBを入れて少し作業。明日お客さんらと少し走る予定ですので整備を行います。

R9252745 のコピー

Fスプロケットをストックに戻しました。修理したシフターシャフトからのオイルリークは完璧に止まってます。まぁホンダ車ですので当然と言えば当然、、、

R9252746 のコピー

プラグは初めてイリジウムに交換してみました。

R9252747 のコピー

久しくキャブレターの同調を行なっていなかった気がしたので一応チェック。

R9252748 のコピー

ほぼほぼ狂ってはいませんでした。

R9252749 のコピー

明日は天気が良くて気温も上がるみたいですが、単車は兎も角、手や腕が痛くて自分の体が大丈夫なのか心配。
まぁ暖かい昼間に近場をぶらっと走るだけなんで、何とかなると思いますが、、、

R9252750 のコピー
関連記事

| FXR on T/C | 21:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT