MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

2006 - 2018 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'90y FXRS-SP 作業。

今朝は地震の揺れで目が覚めました。

R9250792 のコピー


昨日の作業の続きです。まずはベルトプーリーを外しました。T/Mメインシャフトオイルシールからの漏れはありません。

R9250776 のコピー

強化インナープライマリーベアリングに交換する為メインシャフトレースを外します。

R9250777 のコピー

外したチェーンドライブ用のFドライブスプロケットに交換します。ご覧のとおりリークしたオイルでベトベト。

R9250778 のコピー

ここで問題発生。前期FXRではショベルヘッドと同等のスプロケットスペーサーですが、後期のFXRではエボ中期(ややこしいですね)のスプロケットスペーサーになるのでそのままでは装着出来ません。

R9250779 のコピー

外径と長さが異なっておりチェーンラインが出ません。何よりFスプロケットナットを締め付けてもスプロケットは固定されず。

R9250780 のコピー

後期T/Mはスプラインメインシャフトに変わっているだけでなく、ご覧のようにスプロケットスペーサーも肉厚になっており強度が増しています。それは偏にオイルリークを防ぐ為の改良ですから後期の方が当然性能は良い訳です。

R9250781 のコピー

JIMS製の強化スペーサーを”スリーマイルズ”さんが国内在庫でお持ちでしたのでそれを待つ事にしました。取り敢えず2次ドライブは仮組みしておきそのまま作業を進めます。

R9250782 のコピー

R9250783 のコピー

エンジンとT/Mのセンターを出す為インナープライマリーカバーをセット。

R9250784 のコピー

インナープライマリーカバーを本締めし、エンジンとT/Mを繋ぐこのボルトを緩めて指で簡単に回れば、ほぼほぼセンターは出ています。他にもフロントエンジンマウント、スタビライザー、ピポットシャフトやピポットブロックなども一旦緩めて静的センター出しを行います。

R9250785 のコピー

T/Mサイドカバーも交換します。もともとBAKERの油圧ユニットが装着してありましたが、ストックのワイヤー式に戻します。右手の前期モデルには前後2箇所のダウエルピン装着のザグリがありませんが、左側の後期FXR用ではダウエルピンのザグリ加工が施されています。

R9250786 のコピー

R9250787 のコピー

で、T/Mサイドカバーをセット。ダウエルピンのお陰で剛性も高いので、ガスケットも最新のものが使えます。

R9250788 のコピー

取り敢えずT/Mスプロケットスペーサー待ち。まぁここまで進めばほとんど出来たようなものです。

R9250789 のコピー

今日は蒸し暑かった、、、お疲れ様でした。

R9250790 のコピー

オマケの画像は此方↓

当方が個人的にストックしている”マルケジーニ”や”ダイマグ”製のマグホイール各種。当店2台のレーサーにもマグホイールを装着しておりますが、この他にもまだ沢山のマグネシウムホイールを所有しています。「軽さは正義」バネ下軽減は走りを劇的に変えますから重要です。

R9250775 のコピー


※明日19日(火)〜20日(水)は明石にある”川崎重工テクノロジー”さんの風洞実験施設でEV-02の空力検証が行われる予定です。よって終日留守になりますのでご了承下さい。
なお、先週〜今週共に定休日を頂いておりませんので来週28-29日を振替の定休日とさせて頂きます。加えてご了承頂ければ幸いです。
関連記事

| FXR | 21:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT