MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

2006 - 2018 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'05y FXDL T/M回りからのオイル漏れ修理。

明日から天気は下り坂みたいです。

R9249894 のコピー


既に1次ドライブは全て取り外されておりましたのでオイル漏れの原因がプライマリー側なのかT/M側なのか分かりません。まずは原因を追います。フロントベルトプーリーを外してみたところ裏側はドライ。T/M側の問題では無いようです。

R9249895 のコピー

T/Mオイルは綺麗です。ちょっと入れ過ぎですが。

R9249898 のコピー

とはいえT/Mケースブリザーにオイルが通った形跡は無し。ここから漏れるのは転倒した時位ではないかと。

R9249899 のコピー

T/Mケースサイドをガソリンで洗浄。スイングアームやオイルパンまでオイルが垂れており、長期に渡り少しづつ漏れて次第に酷くなっていったと考えます。

R9249900 のコピー

この車両は走行距離6000km。ですので機関は悪くありませんが長期不動だった可能性が高く、その影響を色濃く受けています。

R9249901 のコピー

Fドライブプーリー裏側。クリーニングした訳ではなくこれだけ綺麗でした。この状況からもT/M側に問題が無かった訳です。

R9249902 のコピー

メインベアリングレースを外します。当然T/Mオイルは漏れてきます。T/Mメインベアイングオイルシールはアウターリップが緩くはなっておりましたが、しっかりシールされてはいたようです。チェック後T/Mオイルはドレンします。

R9249904 のコピー

最も汚れていたのはインナープライマリー裏側。走行した砂埃とオイルが混ざり合った物質が固着しており、ここからも長期に渡りリークしていた事が見てとれます。

R9249905 のコピー

インナープライマリーベアリングとスターターシャフトシールをプレスで抜き、ガソリンで徹底的に洗浄。さっぱりしました。

R9249906 のコピー

インナープライマリーベアリング圧入するのですが、ここはJIMSの強化ベアリングに交換します。純正ローラーベアリングはカジってしまう事も多いですし、部品の価格差もほぼ無いので必ずアップデートしておきます。

R9249907 のコピー

裏側のオイルシールもJIMSオリジナル。何処のメーカーのものとも異なる断面形状をしています。

R9249908 のコピー

不要になるインナーベアリングレースをSSTで外します。メチャクチャ硬い車両も多いのですが、この車両ではすんなり外れました。

R9249909 のコピー

T/Mメインシャフトオイルシールの奥にはクワッドOリングが装着されています。ここも忘れず交換します。

R9249910 のコピー

ピックツールでそっと外すのですが、何故だか捻れたような痕跡がありました。新車時からこのような状態だったと思います。

R9249911 のコピー

でそれらを交換。今回のオイル漏れの原因ではありませんでしたが、インナープライマリーまでを外してしまったら折角ですので序でに一緒にやっておく事が懸命。この辺りをやり過ごしてしまうと必ず2度手間になります。

R9249912 のコピー

あとは逆の手順でどんどん組みます。

R9249913 のコピー

R9249914 のコピー

素人さんとはいえ国産車ならフレームから組めるオーナー様ですので無難にバラしてあります。がしかし、手順を間違えて外している部分も多く、ここを緩めず外しちゃったのね、という箇所が数箇所ありました。まぁ何事も勉強ですから良い経験になったのではないかと思います。

R9249915 のコピー

R9249916 のコピー

クラッチバスケットも分解してありましたので洗浄して組みます。通常プラマリーオイルが綺麗であったならASSYで外し軽い脱脂のみで組むのですが。まぁ全てチェック出来るので分解するに越したことはありません。

R9249917 のコピー

1次ドライブ完成。

R9249918 のコピー

マフラーやバッテリーも外してしまってありましたので車体右側も組みます。バッテリートレー取付ボルトが以前のショップさんの人為的なミスで壊れてしまっており、オマケに装着されていたボルトがボッキリ折れたりで一苦労。

R9249919 のコピー

マフラーサイレンサーが走行中に前後共外れて落下した、と聞いておりました。サイレンサーを揺すってみたところ簡単に動いてしまいましたのでサイレンサーバンドが寿命です。前後共に純正品の在庫を持っておりましたので交換しました。サイレンサーバンドは一度緩めたら破棄する部品です。

R9249920 のコピー

なんとか夜までに作業は終了。一晩寝かせてからオイルを入れます。

ここまで作業した部品、オイルシールやベアリング、ガスケットに至るまで全て当店の在庫だけで組み上げる事が出来ました。常日頃、馬鹿ほどストックしているパーツ類が今回は珍しく役に立ちました。笑

R9249921 のコピー
関連記事

| Big Twin | 22:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT