MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

2006 - 2018 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

MARUMASU / STER オリジナルマフラー第五回〜音質の調整。

本日はまた鈴鹿へ。マフラーの音質を決めました。

R9249735 のコピー


本日はサイレンサーの内部構造を何種類も変更し、最もハーレーらしい音質にする為のテストを行いました。

その前にまずは本溶接が終了し、出来上がっていたフロントパイプの詳細から。此方はリアバンクのエキゾーストフランジ部分。印籠継で2本スプリング引き。

R9249719 のコピー

此方がフロントバンク。今回スプリングは敢えて一本が表側に見えるよう配置しており、視覚的な効果に加え整備性を考慮しています。なおインジェクション車両用のO2センサーボスは前後共にマフラーの裏側に配置されますので右側からセンサーは見えなくなる設計です。なおセンサーボスはオーダー時に有る、無しを選択できるセミオーダーとなる予定です。

R9249720 のコピー

2イン1の集合部分。V字に配置し、やはり外側にスプリングを配置。内側にするとステップやフレームに干渉するので此方も敢えて外側にセット。なかなかスパルタンな雰囲気ではないかと思います。

R9249721 のコピー

前後フロントパイプは出来る限り車体側に寄せています。バンク角を確保する為の配慮です。

R9249734 のコピー

右側ステップマウントボルトとのクリアランスは人差指一本分。ラバーマウントエンジンは車両によってエンジンの搭載位置が微妙に異なる為これが限界のクリアランス。

R9249737 のコピー

R9249738 のコピー

インパクトの大きい70Φ集合部分。”ボンネビルスペシャル”の最も特徴的な外観部分だと思います。ここも2本のスプリング引きで固定する事になりますので合計8本のスプリングで構成されます。ハーレーのマフラーでは今まで有り得なかった数だと思います。

R9249730 のコピー

R9249732 のコピー

R9249733 のコピー

今回内部のパンチングメッシュも3種類テスト。メッシュの穴の大きさで音量や音質が変わるかを試しています。30%/40%/50%となります。メッシュパイプの外側には消音材をセットしています。

R9249725 のコピー

テールエンドはこんな感じ。ありとあらゆる方法をテストした結果、内部構造で大きく音質が異なる事が分かりました。如何にしてパワーを引き出し、音質も弾けたような、それでいてしっとりしたV-TWINらしい排気音にするにはどうしたら良いのか理解出来たと思います。
しかしながら、そこはWK!さんと当店のノウハウですので、企業秘密とさせて頂きます。スミマセン。

R9249741 のコピー

製品版は後々のメンテナンスも行えるよう、テールピースがリベット留めになります。

R9249729 のコピー

テールピース部分のエアーインレットですが、手で塞いだり解放したりして変化が生じる設定がある事が分かりました。しかし、ここは一度走ってみないと分からないので当方が走行テストを行ってから決定します。

R9249728 のコピー

手前味噌ですが、なかなか良い出来栄えになりました。音質もハーレーらしいし、当方が2台のボンネビル・レース車両で使うレース専用エキゾーストに最も近い音質になったと自負しております。

R9249740 のコピー

アイドリング時の動画はスマホで撮影した為後でアップするかもしれませんが、、時間があればまたブログをチェックしてみて下さい。次回の打ち合わせは今週金曜か土曜になるかと思います。
関連記事

| Original EX pipe | 19:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT