MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

Specializes in Harley-Davidson V-TWIN Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats"

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

T-man 124RX FXDBI 1次ドライブ回りのリファイン〜その弐。

明日からまた寒くなるようです。

R9249186 のコピー


T/M回り作業の続きです。
Fベルトプーリーを外しました。ご覧のとおりドライな状態を保っており、今のところ問題はありませんでした。

R9249182 のコピー

まずはT/Mオイルをドレン。スラッジは多くオイルも濁りが出てきていますので要交換です。

R9249185 のコピー

メインシャフトのオイルシールを外しました。こういったオイルシール部分は特にSSTが無く、圧入してある為外すのは至難の技です。圧入用のSSTは何処もありますが、基本オイルシールを交換する時はO/H前提ですので取り外し用のツールがありません。

しかしオイルシールを交換する為だけにT/MやエンジンをO/Hしていたらキリがありませんのでシールだけを交換する訳ですが、新型の車両では交換前提で設計されていない為極度の緊張を強いられます。

R9249183 のコピー

この年式のT/Mは特殊な形状のメインドライブギアベアリングを使っています。ベアリング自体が一体型のレースになっているのでカラーは存在しません。レースの部分は錆やスラッジで汚れていますが、そこにオイルシールのリップ部分が接触しますので綺麗に磨き上げます。

R9249184 のコピー

オイルシール挿入前にレースには硬めのグリスを塗付しておきます。

R9249187 のコピー

メインドライブギアのオイルシールは無事圧入完了。続いてT/Mメインシャフトのインナーシールを交換します。ここは金属シールでイヤラシイ部分なのですが、上手く抜けました。ありとあらゆる工具を工夫して使い、取り外しています。

R9249188 のコピー

で、やはりシャフトも磨きます。

R9249189 のコピー

オイルシール圧入用のSSTが使えたので比較的簡単にセット完了。

R9249190 のコピー

R9249191 のコピー

こちらは6速T/M用のシフターシャフトシールインストーラー+リムーバー。見ての通りT/Mアッセンブリをケースから外して使用するSST。

R9249194 のコピー

シフターシャフトシールは漏れも無かったし、無理して外せば傷をつけて漏れる原因を作る事にもなり兼ねないので今回はパス。硬めのグリスをしっかりと詰め込んでおきました。

R9249192 のコピー

Fドライブプーリーもセット完了。因みに6速T/Mのドライブプーリーナットは専用サイズなのですが、ネジ山は正ネジです。ショベルヘッド、エボ、TC88まで逆ネジですが、6速は正ネジですのでお間違えなく。

R9249193 のコピー

R9249195 のコピー

R9249196 のコピー

じっくり、ゆっくり。続きます。

R9249197 のコピー

明日パーツの入荷次第では登録業務に出掛けるかもしれません。
ご了承下さい。
関連記事

| Big Twin | 21:48 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT