MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

2006 - 2018 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

S&S TC100 FXR 登録完了!

底冷えする寒い1日でした。

R9248844 のコピー


なんだかここ最近は彼方此方に行く用事が多く、じっくり腰を据えての作業が全く行えておりません。今週末日曜も"TOY RUN"がありますし、年内はこんな感じでバタバタするのかもしれません。
そんな昨日は三重陸運支局へ向かいTC100 FXRの登録を済ませました。

排気量は1640cc。

R9248845 のコピー

職権打刻はいつものようにシールではなく、クランクケースサイドに直接打刻です。

R9248846 のコピー

R9248847 のコピー

で、車検用に変更されていた細々した部分を元に戻します。

R9248848 のコピー

なおマフラーはこの"Charge Motorcycle"さんのマフラーのままで車検が通ります。

R9248849 のコピー

これから製作に入るオリジナルマフラーの音量と音質を決める為、試しに購入してあったサイレンサーを差し込んでテスト。決してこのような形状になる訳ではないのでお間違えなく。

R9248850 のコピー

全く以って音質が異なる2つのサイレンサー。管長や内径は似ているのですが。。排圧が高すぎるVツインでは如何にスムーズにストレートに抜くか、つまりは排圧を抑える(下げる)事で音質が低音に変わるんじゃないかと思っています。どちらかというと国産のサイレンサー構造だと排気口直後でパコパコした音が発生してしまいハーレーらしい音がスポイルされてしまいます。その辺りを踏まえ徹底的に音質とパワーを追求したマフラーを作りたいと思っています。

R9248851 のコピー

手直し部分。スターターリレーが2個付いていますが、一個は予備。リレーは滅多に壊れる事はありませんが、こうして予備をセットしておけばコネクターを差し替えるだけでリスタートできます。何処まで行っても必ずリカバリーして帰ってこれるよう用心しておく事はこの8年のレースで学びました。

R9248852 のコピー

タンクダッシュの取り付けボルトはARPの12ポイントフランジに交換。地味ですが大事。

R9248855 のコピー

あとは磨いて、これにて全ての作業が終了です。

R9248872 のコピー

この車両、今もFOR SALE中ですが、週末のTOY RUNに持ち込みます。実車をご覧になりたい方は是非当店ブースにお立ち寄り下さいませ。

R9248873 のコピー

オマケの画像はコチラ↓

TC96 プライマリーカバーの貫通ミッド加工3セット、本日引き取って参りました。ひとつは関東の業者様分ですので定休日明け発送させて頂きます。

R9248867 のコピー

IWASAKIさんに頼まれていたマフラーの修理も本日受け取り。

R9248868 のコピー

フランジ部分は端面グルッと一周止めから、内側と外側からのダブル溶接に変更させて頂きました。これならもう外れる事はまず無いかと思います。

R9248870 のコピー

R9248871 のコピー

サイレンサー出口はこんな感じに変更。ご近所様からのクレーム対策という事。笑
こうした修理や手直しが逐一出来るのも、WK!さんで製作して頂くメリットとなっています。永久に使える部品なんて有り得ないですからねぇ。

R9248874 のコピー
関連記事

| FXR on T/C | 22:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT