MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

Specializes in Harley-Davidson V-TWIN Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats"

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

T-man 98" TC-FXR / CB750 K4トップエンド分解。

少し風邪気味かも、、アタマが痛いです。

R9248493a.jpg


本日まずはTC-FXR。点火をやり直しです。まずは4ピンIGコイルを3ピンIGコイルに交換。

R9248489a.jpg

R9248490a.jpg

しかしどうやっても火が飛ばない、、CPSを交換してみたり配線をもう一度見直しアース線を作り直してみたり。

R9248491a.jpg

駄目元で再度新品IGモジュールを交換してみたところ、何故か火花が飛ぶようになりました。がしかしエンジンは始動せず。点火タイミングが大きく狂うなんて事はカムを物理的に組み間違えない限り起こりませんし、そもそもフライホイールから点火タイミングを拾っているから考え難い訳で。

R9248492a.jpg

ちょっと良い案が思いつかないし、アタマは痛いしで作業中止。
もう帰宅して布団に入りたいところだったのですが、CBのエンジンでも開けておこうかと。

R9248493a.jpg

まずはカムを外すのでテンショナーを外します。

R9248494a.jpg

カムスプロケットを外し、

R9248495a.jpg

カムを抜きます。

R9248496a.jpg

左右のカムホルダーを取り外し、

R9248497a.jpg

16個あるフランジヘッドナットとM6のボルト5本を取り外し。

R9248498a.jpg

R9248499a.jpg

で、ヘッドが下りました。

R9248500a.jpg

R9248501a.jpg

続いてシリンダーをそっと抜き取ると、、案の定圧縮の無かった2番のピストンリングが粉砕。ケースに落ちなくて良かった。

R9248502a.jpg

R9248503a.jpg

結局4気筒全てのトップリングが折れてました。それでも動いてしまうCBは凄い。

R9248504a.jpg

この車両、ヘッドボルトが違っていたり、近年の液状ガスケットが塗られているあたり、トップエンドは一度開けてあると思います。カムや燃焼室、ピストン、シリンダーにしても年式を考えれば悪くない状態だと思います。

R9248506a.jpg

序に当店レーサー。フレーム加工するのにダミーエンジンが必要なのでフライホイールを抜く準備。

R9248486a.jpg

よくよく見るとエライ事になっています、普通有り得ないですね。2014年のレース以降一度も火は入れてないのでレース中になったのだと思います。危なかったなぁ。相変わらず悪運強し。
全開時間の長いボンネビルではケースの内圧が上がり過ぎるのだと思います。物理的にケースから内圧を逃がす加工が必要だと以前から感じていましたが、身をもって経験出来ました。

R9248487a.jpg

R9248488a.jpg

CBのパーツクリーニングはオーナーさんにお任せします。

R9248505a.jpg
関連記事

| Engine Maintenance | 20:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT