MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

Specializes in Harley-Davidson V-TWIN Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats"

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'06y FLHR ヘッドリビルト。

今日は頑張ってヘッドも作業。

R9248232a.jpg


此方はエンジン下ろし後長期保管されていたストックエンジンのヘッドです。どういう訳か水が浸入してしまっており錆びてます。
別のヘッドに交換も考えましたが、まぁ焼き付いたとかブローしたエンジンのヘッドでは無いので、比較的リカバリーは楽だと踏んで作業に入ります。

R9248231a.jpg

いきなりバルブ固着してました、、、ソフトハンマーで叩いて抜き取り。

R9248250a.jpg

バルブガイド内部にまで水分が進入してたようです。分解してみて良かったです。

R9248251a.jpg

予算の事もあるので当初ヘッドはそのまま搭載しようかとも思っていました。錆びの事もありますが、それよりもバルブシールは既に新車から10年以上経っている訳で、、それに加えてシールは極初期のブリキタイプ。

R9248252a.jpg

分解。

R9248253a.jpg

で、燃焼室をクリーニング。ツインカムで黒エンジンの車両の燃焼室は内部までリンクルされています。ですので軽くカーボンを落としたら多少ペイントが残っていても気にしません。

R9248254a.jpg

抜き取ったバルブ。シャフトは思ったより綺麗です。

R9248255a.jpg

で、バルブをクリーニング。

R9248256a.jpg

R9248257a.jpg

バルブの擦り合わせを行います。バルブシートには打跡もなく、シートカットは必要ないレベルです。状態が良いので粗めのコンパウンドで一気に仕上げます。

R9248258a.jpg

相変わらずのタコ棒。。いい加減エアラッパーが欲しいです。

R9248259a.jpg

R9248261a.jpg

ハーレーの純正バルブガイドはスチール製です。ですので内部の錆びは研磨で撤去。たっぷりのアッセンブルルーブをシャフトに塗り込んでバルブをセット。バルブシールは純正タイプですが最新のものに交換。

R9248262a.jpg

で、ヘッドをアッセンブリします。

R9248263a.jpg

R9248264a.jpg

アッセンブリ完了。このタイミングでロッカーベース面もホーニングして脱脂。

R9248265a.jpg

明日、明後日は共にクイックの作業が入っているのでこのFLHRはちょっと邪魔になってしまいます。車両を表に出す事になるのでヘッドまで組んでおきました。

R9248266a.jpg

R9248267a.jpg

まぁ一次ドライブをどうするかという事を除けば、他は全て組み上げる事が出来るのでこのまま作業は進めます。

R9248268a.jpg
関連記事

| Engine Maintenance | 19:50 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT