MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

Specializes in Harley-Davidson V-TWIN Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats"

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'06y FLHR 腰下搭載。

過ごし易い一日でした。

R9248092a.jpg


今日はケースを車体に搭載する辺りまでを目標に作業します。まずはケースを搭載する為ダミーのカムサポートプレートをセット。
本来ならカム回りを組み上げてからクランクケースを車体にセットします。というのもケース取付ボルトの締め付けトルクは巨大ですので、少しでもケースの歪みを無くす為です。

R9248091a.jpg

IN/OUT共にカムチェーンテンショナーは新品に交換します。というのもこの車両にはもう120Rを搭載する事は無い、とオーナーさんから連絡が入ったので。このエンジンでずっと乗られると言う事ですのでしっかり直すところは直して搭載します。テンショナーは純正でないと絶対に駄目ですのでディーラーさんへの明日の入荷を待ちます。
ギアドライブ、または油圧化がベストですが、それは追々という事で。

R9248093a.jpg

120Rから移植するフィッティングやボルトを用意。間に合わなかったものはとりあえず当方のレーサーから外してあったもので仮付けします。

R9248094a.jpg

問題のレギュレター取付ボルト。フレーム側のスポット溶接が外れて空回りしています。ボルト、ナットは馬鹿程赤のロックタイトで組んであるので全く外れません。

R9248095a.jpg

サンダーも使えない狭い場所なので、もう力技。タガネで叩いてボルトを破断。

R9248097a.jpg

上手く外れて良かったです。エンジンボルトに社外のキャップボルトを下側から突っ込んでおりお陰でフレームフロントマウント部分と干渉し傷だらけ。残念です。

R9248096a.jpg

R9248101a.jpg

このタイミングで車体を表に引っ張り出して徹底的にガソリンスチーム。なにせ車体がオイリーで気分が悪かった。

R9248102a.jpg

そうしたらT/Mは黒が剥がれて真っ赤になってしまいました。。

R9248103a.jpg

エンジン側、T/M側のオイルラインをやり直しておきます。

R9248104a.jpg

R9248106a.jpg

R9248107a.jpg

TC88のここは必ず!新品にします。

R9248108a.jpg

で、ケース搭載。

R9248109a.jpg

R9248110a.jpg

ケース取付ボルトも必ず純正を使いましょう。

R9248111a.jpg

右側のクロームのキャップボルトが使用してあった強度不明のボルト。全てが全て在庫である訳ではありませんが、出来るだけ純正と同じ強度のボルトに戻します。

R9248112a.jpg

エンジンスタビ以外のボルトは指定強度のものに交換。ネジ山の並目と細目も純正と同じにします。後程純正新品ボルトが入手出来たら交換します。

R9248113a.jpg

ステーターコイルは沢山アルミスラッジが入り込んでいましたがモノは悪くなっていないのでクリーニングして再使用します。

R9248114a.jpg

今日はここまで。

R9248115a.jpg

そして此方のTC95 FXRは今夜引き取りの予定。

R9248116a.jpg

明日はクイックの作業が入ります。
関連記事

| Engine Maintenance | 18:48 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT