MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

Specializes in Harley-Davidson V-TWIN Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats"

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

SE120R FLH エンジン下ろし。

三連休初日、台風が接近しています。

R9248006 のコピー




SE120RのケースASSYを下ろしたいと思います。

R9248007 のコピー

まずは一次ドライブを分解する準備。プライマリーオイルをドレンしますがアルミスラッジが大量に溶けています。なにかオカシイみたいです。

R9248008 のコピー

VPクラッチ、クラッチシェルがアウターやインナープライマリーに干渉しています。ここは一度オーナーさんが自ら分解組立したと伺っていますので、その際なのかどうなのか不明。

R9248009 のコピー

R9248010 のコピー

凄まじい量のアルミスラッジです。

R9248011 のコピー

オルタネーターがステーターコイルに干渉していた、という事で修理したそうですが、オルタネーターのスプラインはかなり傷んでしまっており、交換する事がベターだと思います。

画像では分かり難いのですが、クラッチシェルがインナープライマリー側の補強リブや、インナープライマリー取付ボルト1本に干渉しボルトヘッドが削れてしまってました。何故そうなってしまったのかは現段階では不明。組み付け時検証する必要があります。

R9248012 のコピー

R9248013 のコピー

純正OPのオイルクーラーがセットされていました。超!整備性が悪いので外してしまいます。

R9248014 のコピー

この車両、何が駄目かといえばこのクロームのボルト類。強度が必要なエンジン取付ボルトもこのメッキのキャップボルトと袋ナットに交換されてしまっており、ボルト+ナットは見た目重視の取付方向でセットされていた為外すのに難儀しました。加えてほとんどのボルトにロックタイトの”赤”を使ってしまっているところも最悪。

R9248015 のコピー

せめてクランクケースを固定する6本のボルトは純正の六角ボルトに戻したいです。

R9248020 のコピー

フレーム側レギュレター取付ボルトの溶接が剥がれてしまっており空回り。よってレギュレターを外さずケースを下ろしたのでまたまた一苦労、ツインカムの車両はこんな苦労する事はまず無いんですがねぇ。

R9248017 のコピー

SE120Rケースが降りました。今回はTC88ストックケースASSYに戻しますのでこのエンジンは使いません。

R9248018 のコピー

R9248021 のコピー

ピストンコーティングとオイルラインのパーツ待ちとなります。

R9248022 のコピー
関連記事

| Engine Maintenance | 20:08 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT