MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

Specializes in Harley-Davidson V-TWIN Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats"

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

6月最終日。

朝方は激しい雷と雨でした。

R9247357 のコピー


昨夜も帰宅してから色々とFLHのトラブルについて考え、2、3点思いついたアイデアを試してみる事に。それも的を得てはおらず気分を変える為にも他の部分を先に修正します。

フロントブレーキは握り切ったところで引っ掛かった感じがあり効きが甘い。リアは逆に引きずり気味。どちらもキャリパーサポートアームを装着してから症状が出始めました。

R9247359 のコピー

サポートアームを装着した事によって前後キャリパーの横方向へのアソビが全く無くなっていたのは気がついていたのですが、原因はこれ↓

R9247358 のコピー

キャリパーのアソビを少しでも無くす為、アルミ缶をカットしたものがカラー代わりにキャリパーサポートのボス部分に丸めて挿入されていました。キャリパー本体の”痩せ”対策としては比較的ポピュラーな対応策で、サポートアームを装着していない場合はこれで良かったのですが、アーム装着後はタダでさえアソビが少なくなる為、上記のような症状が出ていました。
前後共にアルミ片を取り外したら問題なく動作するようになりました。

R9247363 のコピー

タンクダッシュ内部も錆びだらけ。これは雨というより湿気でやられたものだと思われます。

R9247361 のコピー

たっぷりのコンタクトグリスで各接点を仕上げます。

R9247362 のコピー

スターターボタンを押すと一瞬セルは回るのですが30Aのメインブレーカーが落ちます。スターターの配線系統は単純といえば単純ですので一本づつ追っています。
オーナーさんにお願いされたメーターダッシュ下のサーキットブレイカーを交換しておこうかとダッシュを浮かせたところ、また症状が変化。ここにも原因のひとつが潜んでいるようです。

R9247365 のコピー

続きます。
関連記事

| Shovel Head | 21:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT